広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« 熱い思い「詩集・ふるさと―岩国」 | トップページ | 大和花 »

2008年10月14日 (火)

劇団四季への期待

 劇団四季のミュージカル「ユタと不思議な仲間たち」を見た。
子どもたちのいじめに真正面から取り組んだオリジナル・ミュージカルだ。  

 父を亡くして勇太(ユタ)は東京から母の実家がある東北地方の農村に転校してきた。
 村の子供たちと馴染めず、皆からは勇太でなく“ユタ”と呼ばれて苛められてばかりいた。
 そんな一人ぼっちのユタに「座敷わらし」5人の仲間が出来る。彼らは飢餓で死んだり、生まれてすぐに間引きされた悲しい運命を背負っている。
 生きる気力を失いかけたユタを5人の仲間は「せっかくもらった命は自分で磨かなければ石ころと同じだ。本当に生きることにならない!」と励ます。
 ユタは逞しく優しい彼らに励まされ鍛えられて、やがて心身ともに強くなって、級友に受け入れられるまでに成長する…と言う感動的なストーリーだ。

 幽霊やお化けと言う目に見えない存在に育まれて、生かされていく少年の魂の成長の物語だ。南部弁と言う独特の訛りで語り「生きることのすばらしさ、大切さ」を歌いあげる。

 カーテンコールでは珍しく「友達はいいもんだ」と「いきているってすばらしい」の2曲を観客も一緒に歌い、普段より多い小中学生の声も盛り上がった。

 四季は一般公演の前日に広島市内の小学6年生2千人を招待した。
 子どもたちの心に生命の大切さ、人を思いやる心、信じあう喜びなど、人が生きていく上で最も大切なものを舞台を通じて語りかけたい…と『こころの劇場』と銘打って、全国67の公演都市で5万人の児童生徒を招待した。劇団四季が長年続けてきた文化の出前、それも子供たちへのプレゼントだ。

 創立55年の劇団四季が広島で公演を始めて40年。「オペラ座の怪人」「キャッツ」に続く大型ミュージカル第3弾の「美女と野獣」をこの春公演で、12万5千人を動員して大成功を収めた。それだけに、これまで以上に各方面から広島に四季劇場を…の声は高まる。
 市民球場跡地の計画に岡本太郎の「明日の神話」展示の誘致が消えただけに、文化ゾーンの一角に「四季専用劇場」を期待する声は熱烈フアンや経済人ならずとも強い。

 劇団四季は暮れの25~6日にも「ジーザス・クリスト」の公演をする国際平和文化都市・広島の支えとして劇団四季への期待は当分の間、続きそうだ。
 四季の間尺で言えば「そう簡単では無い」ことは分かっている。しかし、劇団四季には、是非その期待に応えて欲しい。広島はその価値と応える能力がある街と再アピールしたい。

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

« 熱い思い「詩集・ふるさと―岩国」 | トップページ | 大和花 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211008/42781284

この記事へのトラックバック一覧です: 劇団四季への期待:

» [劇団四季 Search Anything]
先日のことです。私の友人が教えてくれたんですけど劇団四季についてたくさんの資料... [続きを読む]

« 熱い思い「詩集・ふるさと―岩国」 | トップページ | 大和花 »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31