広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« 無責任な県議会「県知事の疑惑追及」の断念 | トップページ | 街の壁画 »

2008年10月19日 (日)

伝統に挑む韓国舞姫

若い娘さんの訪問を受けた。朴裕恵(パクユヘ)さん。75年生まれ33歳。広島生まれの在日3世で、安芸南高校を卒業してしばらくしてから韓国の伝統の舞いの世界に没入していったという。韓国伝統の舞いでは一人者の京都の師匠に弟子入りして広島に戻った。いま、在日のアイデンティティを求めて「韓国伝統芸術院」という教室を作った。広島で多くの人に観てもらいたいという。朝鮮半島の伝統芸術は、朝鮮総連系の「朝鮮歌舞団」が有名だ。
歌も演奏も舞いも秀でたグループだが、残念ながら北朝鮮への風当たりが強い昨今、一般の人がこの芸術に触れるチャンスは少ない。
私は、小さな朝鮮半島の伝統芸術に南北どのような違いがあるのか興味を覚えた。いろいろあるそうだが、素人にわかりやすくいえば、朝鮮系は細身にスマートな印象があり、韓国系は丸い柔らかな曲線が特徴だそうだ。いずれにしても、日本舞踊や能など日本の伝統と違う
趣を持っている。「能面のような」と比ゆされるように無表情な日本の舞に対して、韓国の
舞踊は、南北ともに笑みにあふれ、躍動的だ。
 ずいぶん先だが、この「韓国伝統芸術院」の1周年初公演が、来年2月22日にアステールプラザの中ホールで開かれる。2・22アステールと憶えていただきたい。
 韓流は、テレビドラマだけではない。あでやかな舞を通してあらためて身近に韓国を感じていただければうれしい。

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

« 無責任な県議会「県知事の疑惑追及」の断念 | トップページ | 街の壁画 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211008/42831974

この記事へのトラックバック一覧です: 伝統に挑む韓国舞姫:

« 無責任な県議会「県知事の疑惑追及」の断念 | トップページ | 街の壁画 »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30