広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« 広島市民球場の記憶 | トップページ | 熱い思い「詩集・ふるさと―岩国」 »

2008年10月12日 (日)

環境的なものは美しい?―窓辺の緑

道路に面して立つビルの1階の窓ガラスの前に低い木が植えられている。
地面から生えているのではなく、ガラスの下端のコンクリートの壁の外側にもう1つコンクリートの壁が作られ、その間がボックス状の大きな植木鉢になっている。
そこに木が植えられている。
シーズンともなれば可愛らしい花も咲く。

3

ガラス窓の断熱性を高めるためには通常熱線反射フィルムをはる。
寒いところでは2重ガラスにしたりする。
この低い木の茂みは視線を遮るブラインドの役割を果たしているだけでなく、太陽の熱も遮断している。
今よくいわれる屋上緑化の窓ガラス版だといえる。
植物を植えることでCO2削減にもなっている。
なんともシャレている。

意外と美しい。
フランスの建築家コルビジェが「機能的なものは美しい」といったが、「環境的なものは美しい」とすら、いってもいい。

この緑は、今回の広島市の進めようとした地球温暖化対策条例に配慮して設置されたわけではない。
そんなことがいわれる随分と前に作られている。
このビルのオーナー、設計者は、多分この方が冷暖房費も安いだろうという思いから木を植えたんだろうと思う。
結果として、条例に対する模範的解答になっている。
地球温暖化に対してと大上段に振りかぶらなくても、ちょっと知恵を働かせれば結構面白いことができる。
そうすることが、却って美しいということで、評判を呼んだりする。
そんな思わぬ効果があったりする。
条例に反対する建設関係者は多いが、こうした工夫をもっともっと進めて欲しい。

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

« 広島市民球場の記憶 | トップページ | 熱い思い「詩集・ふるさと―岩国」 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 環境的なものは美しい?―窓辺の緑:

« 広島市民球場の記憶 | トップページ | 熱い思い「詩集・ふるさと―岩国」 »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30