広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« iTunes+TV+読書 | トップページ | 沢田研二の「我が窮状(9条)」 »

2008年10月22日 (水)

ひろしま昼市―ひろしま夢ぷらざ

本通り商店街の真ん中あたりに、広島県内各地の特産品を売っているお店がある。
店頭ではその時々の旬のもの、鯖寿司とか、団子とかミカンとかを売っている。
今日は何を売ってるかなと覗くのは、楽しい。
中に入ると広島県内各地のコーナーが設けられ、特産品が並べられている。
お米があったり、干物があったり、醤油があったり、お人形があったりする。
無添加無着色チリメン、自家製天然酵母とか結構拘りのあるお店もある。
ネット販売もしているようだ。
自然や田舎の体験講座等の紹介もする「やまなみ大学」の受付カウンターもある。
多種多様ともいえるし、支離滅裂ともいえる。
それがまた面白い。
なんとも人間的な味わいのあるお店だ。
ちょっと食のフェスティバルのお祭りのような雰囲気もある。

1

呉、尾道、三次、等の商工会が主体になって出店しているようだ。
広島県内の市町の特産品のサテライト店舗というわけだ。
まああちこちにある朝市がビルの中にできたと思えばいい。
ビルの中にあるから、冷暖房も効いているし、もちろん雨も関係ない。
朝10時からから夜7時までやっている。
結構賑わっている。
朝市のように朝開いているだけではないし、農産物だけでもない。
昼間開いているから、昼市と呼べばいい?
「ひろしま昼市」とネーミングしたほうがシャレてる?

平成10年に始まったというが、以前に比べてだんだんお客が増えてきているように感じる。

本通り周辺には、こんな類のお店が他にもある。
本通りをちょっと入ったところに、愛媛の特産品を売っているお店もある。
山口県の特産品を売っているお店もある。


2

3

そうしたお店が1カ所に集まれば、もっと街が楽しくなるだろうし、賑わいも生まれるはずだ。
もっともっとそんなお店が、集まる工夫をしたらいい。
裏通りにも出入口が出来たら、裏通りにも人が流れるようになる。
そうなればここが本通りの中心になる?

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

« iTunes+TV+読書 | トップページ | 沢田研二の「我が窮状(9条)」 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211008/42863784

この記事へのトラックバック一覧です: ひろしま昼市―ひろしま夢ぷらざ:

« iTunes+TV+読書 | トップページ | 沢田研二の「我が窮状(9条)」 »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30