広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« 助けて!! イラクの小児科医の叫び① | トップページ | 映画「原爆の子」 »

2008年8月 7日 (木)

子供を助けて!!イラクの医師の叫び②

 イラクの国立産科小児科病院のフサーム医師(38)は嘆き悲しみ声を抑えて叫びます。
イラクは元々豊かな産油国だったが、米国の侵攻以降は石油の精製工場が一か所だけに成りガソリン不足は深刻でサウジやイランからの輸入に頼っている。

 かつてのイラクは貧しい家族には政府の援助が受けられたが今は全くないのが実態だ。
子どもが急性骨髄白血病になった家族は支払いが出来ないことが分かっているため『悪霊が宿った…』と言って医者の受診を拒否したり病院に行こうとしないケースもある。今では80~90%の回復が可能な白血病の子どもの三分の一は亡くなって行く。
 戦火にさらされたクエート国境近くの地域で5歳までの子どもの癌の発症が著しく高くなっている場所=地域がある。

‘91年の湾岸戦争前に比べるとバスラの子どもの癌や悪性腫瘍、白血病は7倍くらいに増えている…と言う。全国的に増えているのも間違いないと言う。劣化ウラン弾が出す放射能の影響と見られ、兵役中に被爆した人の子どもの発病もある。 

345

 広島に原爆が投下された’45年8月には米軍は被爆者の健康調査・放射線の影響調査を開始している。比治山の上のABCCは外交官特権を持った医師や研究者、調査の専門家隊が早産した奇形や水頭症の胎児、臓器からケロイドなど被爆の影響と考えられるあらゆる物を岩国の米軍基地からフリーパスで持ち去った。被爆者の健康調査はするが治療はせず、日当を払って協力を求めた。特に、県と市の医師会と契約し妊娠した被爆女性のデータは積極的に協力させた。放射能が人体へ及ぼす影響調査とデータ収集は原爆投下前から緻密に計算された米国の核戦略上の作戦だった。
  
 3日にあげず奇形児を取り上げ、流産に立ち会ったと言う産婆さんの証言もある。二世に対する影響は『非被爆者との間に優位の差はない』と発表して“被爆者と二世差別”に配慮?をした…とされている。日米講和条約後の’75年(昭和50年)まで、プレスコード時代の出来事は長い間『被爆の後影響情報』は“タブー”として核廃絶運動や世論形成について悪影響の尾を引いたと言えよう。つまり加害の国・米国が“広島・長崎の核被害の実態”を知らせないようにコントロールしてきた。

 そのことが、今イラクで同じように繰り返されている…?
イラクでも何らかの形で医学的調査は進められているのではなかろうか?

 広島・長崎では米国兵の被爆は(一部捕虜を除いて)なかった。しかし、イラクでは多くの米兵も地上戦で被爆し退役後苦しんでいが、米国内でその事実は隠蔽されている。
 
 米国はイラクの石油を確保するために大量破壊兵器・原爆の保有にストップをかけると言う正義を御旗にこじつけて侵攻した。しかし、何もなかった事に対する謝罪も戦略修正もされないままブッシュは今年を際に去って行く。
<ブッシュ家の友達の友達はアルカイダ=5月19~20日付;当ブログをご覧下さい>

 6カ国協議やG8を通じて見せた米国の外交戦術はブッシュの引き際を配慮した策が押し通されている。 北京オリンピックに参加したブッシュがその足でピョンヤン訪問して米朝問題(米朝間の朝鮮戦争が未決着)にケリをつけると言うサプライズがあるのでは?
 太平洋戦争処理の未決着を抱える日本が“人道主張のあまり拉致に”拘り過ぎて国際的な外交孤児にならなければ良いが…と思うのは私一人だけだろうか?
 万一そうなると日本が平和条約と言う交渉の原点に出来るだけ早く戻り、同時に拉致の解決を進めないと北朝鮮の手のひらで韓国に払った数倍、数十倍の経済援助をもぎ取られることになりかねない…ことを政府は何故自覚出来ないのだろうか、不思議でならない。

 米国がイラクで行っている政策は半世紀以上前に日本で行った占領政策のリピートだ。
当面、資金や薬の支援は焦眉の急だ。
 自衛隊派遣費700億円が何故この子らの為に使えないか。
米国追随から少し目をはなして冷静になる時期に来ていることは間違いなかろう。

 だが、イラクの子どもたちを本当に救済する為の広島の動きは米国の核政策にストップをかけ“核廃絶”を2020年には実行にこぎ着ける“世界市長会議”と連帯した国際運動に結合・発展させ国連も大きく動かすことが『イラクの子どもとイラク救済』の近道になるのではなかろうか。
  
 余談が多くなってしまったがフサーム医師の生の叫びの中から何を掴むか?改めて考えることが大事だ。

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

« 助けて!! イラクの小児科医の叫び① | トップページ | 映画「原爆の子」 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211008/42074962

この記事へのトラックバック一覧です: 子供を助けて!!イラクの医師の叫び②:

« 助けて!! イラクの小児科医の叫び① | トップページ | 映画「原爆の子」 »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30