広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« 癌へ再挑戦 | トップページ | 祈りの像に残された大木惇夫の反戦への思い »

2008年8月11日 (月)

動き出すか?本格・日朝平和交渉

 北朝鮮訪問から帰国間もないR氏を半年振りに若者達と一緒に囲んだ。
 
 今回の訪問は在朝被爆者支援連絡会(会長:向井県原水禁代表委員)が北朝鮮被爆者支援策を検討するため「反核平和のための朝鮮人被爆者協会」の要望などを聞くためだった。
 被爆者の多くは健康上の悩みを抱えており、日本政府の手で専門的治療が受けられる病院の建設や広島・長崎からの医療情報の提供を求められた…と言う。

 国交のない北朝鮮の被爆者は被爆後に帰国・移住した在外被爆者の援護策が徐々に進んでも、日本の来ない限り法の適用はなく唯一置き去りのままになっている。
北朝鮮に在住の被爆者は二千人前後と言われていたが今では千人足らずで、実態は未だに不明確だ。北朝鮮政府や朝鮮総連は日本政府に対して被爆者対策は求めた事はない。一貫して平和条約の締結が前提になっているからで、被爆者対策はその一部でしか無い…。

 R氏が中心になって’75年に結成した「朝鮮人被爆者協議会」は朝鮮総連の下部組織ではなく、一貫して「核廃絶と被爆者救援」を軸に自立の立場で活動してきた。R氏は朝鮮総連幹部だったが事情があって離れたが民団には移らず、あくまでこの組織の中心として広島市や政府に対する在日の朝鮮人被爆者対策など求める7者協議会のメンバーとして活動してきた。一方、ここ10数年は北朝鮮の「反核平和のための朝鮮人被爆者協会」の招きで渡航して交流してきた。国交のない国の裏側で“被爆者問題”で細々と進めてきた交流が今役立とうとしているのだろうか…。

 1月15日付け、このブログで「北朝鮮被爆者対策?カラ日朝和平へ?」とR氏の周りで起きている北の被爆者を巡る政府や北の最近の対応の一部分を紹介した。続編である。

 その後、新しい動きがある。R氏が朝鮮総連と決別し「朝被協」を結成して33年、朝鮮総連が動いた。R氏を無視し日本政府に対して一度も被爆者問題に触れずにきた朝鮮総連本部は『朝鮮人被爆者対策委員会全国協議会』の設置を決め,R氏に参加を求めたり、昔の日朝協会のような民間レベルの日本と北朝鮮・朝鮮総連との友好交流団体の結成を模索し始めているようだ。

 6者協議や日朝協議では見えない動きとして外務省も密かにR氏と常時連絡を取っていつでも協力が出来る体制を探っているようだ。決してあて馬でないことは過去6人の事務次官はR氏と会ってきた。R氏は総連下部でないことを読み込みながらの接触は今後十分に活かせるラインと計算していると思える。

 日朝の最大課題は拉致問題…と言う印象が一般的だが米国、北朝鮮から見れば核問題であり平和条約締結にある。最近の6カ国協議やG8を通じて見せた米国の外交戦術はブッシュの在任中に北朝鮮と朝鮮戦争の終結をした上で核廃棄を実現することに集約している?
 
 従って北京オリンピックの開幕式に参加後、ブッシュがピョンヤンに飛んで一気に解決の道を開くサプライズはあり得ると考える。万一、今回見送れば来年1月の引退までに実施する可能性は残っている…と見てよいのではないか。

 日朝協議や6カ国協議での日本の立場は政治的に、小泉以降は拉致問題一辺倒に見えるが、外務省は間違いなく『平和条約―被爆者問題を含む戦前の日本が侵した数々の責任に対する経済援助』問題解決を着実に進めていることが推察される。

 R氏は9月には県医師会会長に同行して23回目の訪朝をする。全く前進がないように見える日朝協議も国際的な流れに乗って着々と進んでいることを物語っている。
 
 人道問題として拉致問題を優先せざるを得ない事務方・外務省が国際的な外交孤児にならない為にも、裏で実質的に太平洋戦争の未処理問題の決着が第一義的に出来る準備を進めている…事が、R氏の小さな動きから透けて見て取れるのではなかろうか。

 いずれにしても日朝問題は米朝問題が解決する来年正月明けには待ったなしでやって来るのではないだろうか。
 
*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

« 癌へ再挑戦 | トップページ | 祈りの像に残された大木惇夫の反戦への思い »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211008/42130677

この記事へのトラックバック一覧です: 動き出すか?本格・日朝平和交渉:

« 癌へ再挑戦 | トップページ | 祈りの像に残された大木惇夫の反戦への思い »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30