広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« 環境対策も地方自治から | トップページ | なぜタクシーはLPGで、自家用車はガソリンなのか? »

2008年8月17日 (日)

つまずいた日韓青少年交流

 広島市と韓国テグ広域市の姉妹都市提携(97年)を記念して、02年、両都市の青少年(中高生)の交流が始まった。
 この夏も、広島から20人の若者がテグを訪れることにし、研修を重ねて準備をしてきた。出発を目前にして、突然テグ市から「受け入れを見合わせたい」との連絡が入った。背景は、「竹島(韓国名独島問題)」である。
 参加者はもとより、この事業を支えてきた関係者も愕然とした。隣国との政治問題が、このように身近に迫ってくることを、よもやと思っていたからである。

 子供たちは純真だった。ホームステイをし、キムチをつくり、渓流に遊び、片言の
日韓英語で語らい、交流を積み重ねた。この交流の体験者たちが、「アクス~日本意で握手~」という会をつくり、その後の交流事業をささえるスタッフになっている。
若者の交流の典型的な成功例である。「アクス」は一昨年、広島を訪れたテグの子供たちに、手作りの日本の夏祭りを経験させた。浴衣で、カキ氷、金魚すくいの祭りに、テグの子供たちは歓声をあげた。昨年、テグを訪れた広島の子供たちは、「きんさいよさこい」を披露して盛り上がった。 その交流が6年目にして中断した。

 竹島(韓国名~独島~)問題は、両国が国交回復をし交流が盛んになったいまも
のどにささった「とげ」であることにはちがいない。厳密に言えば、「とげ」と感じるのは日本側で、韓国側からすれば喉もとに突きつけられた刃のように感じるらしい。
日韓併合のシンボルとして悪夢をよみがえらせるシロモノなのである。

 北方領土(千島列島)もそうだが、領土問題には、「絶対」がない。たえず歴史の
力関係、いえば戦争の産物として帰属が決められた。この竹島も遠く「新羅」の時代には、朝鮮が支配していた。05年には、日本が領土宣言をし、戦後は、李承晩ラインにより、韓国が奪回をし監視塔などを置いて実効支配している。

 3~4年前にも「竹島・独島」問題が起こって、交流に冷水を浴びせた。そして
今回である。G8や6者協議などの日米韓情勢、はては牛肉問題や金剛山事件などの韓国国内情勢をからめて深読みをする向きもあるが、私ども凡夫には、なぜ今再燃するのかわからないし、失意の子供たちに説明する言葉も持ち合わせない。

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

« 環境対策も地方自治から | トップページ | なぜタクシーはLPGで、自家用車はガソリンなのか? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211008/42189659

この記事へのトラックバック一覧です: つまずいた日韓青少年交流:

« 環境対策も地方自治から | トップページ | なぜタクシーはLPGで、自家用車はガソリンなのか? »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30