広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« 元宇品のトイレ | トップページ | 交通科学館と工作教室 »

2008年8月24日 (日)

広島市・e-都市ランキング9位

日経BPガバメントテクノロジーが2008年度の「e都市調査」の結果を7月29日に発表した。
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20080627/309669/
全国の市町村に東京23区を加えた1811自治体を対象にして、「情報・サービス」「アクセシビリティ」「庁内情報化」「情報化政策」「セキュリティ」の5つの分野の取り組み状況についての、2008年5月末時点での調査結果だ。
広島市は、2008年度は総合トップ9に浮上した。
凄い。
昨年の調査では政令指定都市で3位、全国で18位とある。
それが今年は政令指定都市としては断トツの1位となった。
人口100万人を超えるような大きな都市は小回りが利かない。
それで、これだけの位置にいるということは凄いことだ。
評価されていい。

私の友人にこの件について話したところ、
「秋葉市長が就任当初は180位くらいだったと思う。それが2002年には総合6位、政令市1位になった。
その後の上下は細かくは覚えていないが、政令市では昨年も大阪市に次いで2位、今年も福岡市に次いで2位だったと思う。
昨年の大阪市は、それまで随分遅れていたのが幸いし、政令市1位になったが、今年は総合ベスト10 から外れている。
そういう意味では、広島市は秋葉市長就任以来、よく上位を保っている。
私は予算については知らないが、導入されている機器を見る限り、かなり少ない予算で行っていると思う」というようなことを教えてくれた。
順位が微妙に違うが、調査機関が異なっているからのようだ。

今の時代、ITがなくして、一時の生活も成り立たないという状況になっている。
歩きながらも携帯を見つめている人がいる。
それもITだ。
市役所、県庁に行くと、皆書類の中に埋もれて仕事をしている。
それだけたくさんの書類を作成しているというわけであるが、それはすべてITの対象になる。
また行政は全ての書類を一定期間残さなければいけない。
それも凄い量だ。
そうしたこともあって、広島市は懸命にIT化を進めている。
いまでは広島市役所のHPを見るだけで、かなりのことを市役所まで直接いかなくとも済むようになった。
広島市では視覚障害者に対してもポッドキャストでの音声での情報発信サービスを始めた。
それもこれもIT技術の進歩と最新のIT技術の導入の努力のお陰だ。

広島市のIT関連費用は約63億円だという。
行政=情報発信装置といってもいい。
行政にあって、今後ITの果たす役割はさらに大きくなる。
利便性を高めるとか、安全性を高めるとかだけ見ても、まだまだやることは山ほどある。

秋葉市長は今年総務省の情報関係のキャリアを副市長兼CIOとして登用した。
CIOとは聞きなれない名称だが、最高情報責任者Chief Information Officerをいう。
通常は企業にあって、情報や情報技術に関する最上位の役員のことを指しているが、地方自治体という組織にあっても、そうした業務をつかさどる人が必要となったということである。

広島市役所はITの分野でも、他の自治体のモデル都市となることが期待される。

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

« 元宇品のトイレ | トップページ | 交通科学館と工作教室 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211008/42252267

この記事へのトラックバック一覧です: 広島市・e-都市ランキング9位:

« 元宇品のトイレ | トップページ | 交通科学館と工作教室 »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30