広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« 「族譜(チョッポ)」が示唆するもの | トップページ | びっくりAN「今夜もごゆっくり……」 »

2008年7月24日 (木)

ダンサーに蹴られたアナウンサー

京都大学出のインテリのアナウンサーが開局後まもなく入社した。ド近眼の眼鏡をかけた小柄なY氏、物静かだが大酒のみでバンカラ精神の持ち主だ。
 ある真夏のお昼時、暑さに耐えかねたYアナは局舎近くの京橋に出て橋の欄干から京橋川に飛び込んだ。「真っ赤なふんどしが鮮やかだった」と目撃者は語っている。今なら、数台のパトカーがサイレンを鳴らして集まる騒ぎになっていただろう。

柏村武昭氏が入社して間もない頃のことである。彼が宿直の時、先輩のHアナは、将棋を指していた。ニュースを伝える時間が迫っており、柏村氏は「先輩、あと5分しかありませんよ」と伝えた。かのHアナ「まだ5分ある…」将棋は正念場に差し掛かっていたのだろう。気がついたらニュースの時間は過ぎてしまった。「ああ!過ぎてしまいましたよ」という柏村アナに、Hアナ「過ぎてしまったものはどうしようもない」と将棋を指し続けたという。
 ニュースの数分間、RCCラジオは、無音のまま過ぎた。
 
当時、宿直アナウンサーは、朝10時に勤務が終了して自由時間となる。ある朝
勤務明けとなったKアナウンサーは、同僚アナとさる劇場に向かった。昼日中から怪しげな演技を披露する「広栄座」という劇場である。当時市内には、こうしたいかがわしい劇場が3箇所あった。デスクのTアナはもっぱら広島駅近くの「二葉劇場」のファンであった。
Kアナは最前列に陣取って、やがて始まるであろう魅力的な踊りに期待を抱いていた。が、前夜酒を飲み明かして一睡もしていなかったKアナは、開演まもなく深い眠りに誘い込まれていったのである。気がついたときKアナは、ダンサー嬢に足蹴にされ、「気に入らんかったら去んで寝ッ!」とどやされた。誇りを傷つけられた彼女の怒りはもっともだ。客としての面目をなくした彼は2度と広栄座に足を運ばなかったという。「全国アナウンサー多しといえども、ストリッパーに蹴られたアナウンサーはお前一人だろう」当分評判であった。

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

« 「族譜(チョッポ)」が示唆するもの | トップページ | びっくりAN「今夜もごゆっくり……」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211008/41951092

この記事へのトラックバック一覧です: ダンサーに蹴られたアナウンサー:

« 「族譜(チョッポ)」が示唆するもの | トップページ | びっくりAN「今夜もごゆっくり……」 »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31