広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« ホテルウーマンと観光教育 | トップページ | フラワーフェスティバルと折り鶴 »

2008年7月 3日 (木)

ビジネスジェットと西飛行場

以前、プロゴルファーの丸山茂樹が、「アメリカのプロゴルファーは、ビジネスジェットで、トーナメントを転戦している」といっていた。
アメリカって凄いなーとただ感心した。
アメリカではビジネスジェットはちょっと高価な空のタクシーという感じで、かなり気軽な使い方がされているようだ。
ANA、JAL等の定期便は、いわば空の路線バスとみればいいのだろう。

狭い日本では、そんなビジネスジェットの利用は殆どないのだろうと思っていたが、先日
「岡山の駅から南に約10KMいったところに岡南飛行場がある。
滑走路は1,200M。
そこを基地にするジャプコンがビジネスジェットの運行事業を拡大している。
現在7機だが、この1年間に3機も増えた。
さらに9月には1機が増える。
整備だけを受注しているのは5機あり、さらに1機が増える。
この飛行場を使っているビジネスジェットは計14機になる。」
という記事が新聞に載っていた。
日本でもビジネスジェットの重要が急激に増えているようだ。

岡南飛行場について調べてみると、
「岡南飛行場は、昭和37年10月13日に岡山空港として開港しました。新岡山空港開港に伴い、それまでの岡山空港を小型機専用の飛行場として利用することとなり、現在の岡山空港と同じ昭和63年3月11日、地方公共団体が設置・管理する”その他公共用飛行場”である”岡南飛行場”として生まれ変わりました。
 運営面においては、管制圏または情報圏をもたない飛行場での対空通信情報提供や気象情報提供など、ユニークな運営が全国からも注目をあびています。
 また、岡南飛行場は、平成4年度に国からゼネラルアビエーション空港(小型航空機の拠点飛行場)第1号として認定されており、現在では、不定期航空輸送(貸切輸送・遊覧飛行)、撮影・宣伝などの航空機使用事業が行われているほか、岡山県警察航空隊、岡山市消防航空隊が基地として運用しており、防災・消防の拠点としての役割を担っています。
年間の総着陸回数は遊覧飛行176回を含め、平成19年度には5,536回です。」
とある。

そこで、さらに調べてみると、アメリカではビジネスジェットは16,000機もある。
ドイツは約500機。
対して日本は100機にもならない。
そのアメリカでは、基幹空港でのビジネスジェット受け入れは難しいので、近郊の小規模空港に誘導しているのだという。
そういえばニューヨークでもどこでも、大都市近郊には小さな飛行場がいくつもある。
それがビジネスジェットの基地になっているようだ。

それはそうだろう。
あのバカでかいジャンボジェットと自動車に羽がついたような小さなビジネスジェットとが同じ滑走路を使われたのでは、危ないし、効率も悪いだろうと思う。

日本でも、首都圏ではビジネスジェット専用空港が望まれているが、なかなか実現にいたらないという。
それがまた日本でのビジネスジェットの発展を妨げている要因でもあるようだ。

それでもようやく日本ビジネスジェット協会が1996年には設立され、すでに会員企業は60社にもなっているという。
その歴史は設立されてから12年とまだ日は浅いが、日本でもビジネスジェットのマーケットが急激に育ちつつあるkとがわかる。

自動車のホンダが、ビジネスジェットの開発を、エンジンからすべて自社開発で、進めている。
当面70機の生産を予定しているが、すでに100機の受注を確保したという。
納入は2012年からになる。
乗客定員は4~5名、離陸滑走距離は807M、航続距離は2,037KMという。
中国国内の主だった都市は航続可能圏内になる。

広島西飛行場の滑走路は、いずれ1,460Mに短縮される。
安全区域・点検用道路の新設で実効長は1,360Mになる。
短くなっても、ビジネスジェットの基地としては十分な長さだ。

広島西飛行場は宮崎、鹿児島の定期便を運航しているが、将来的にはそれを継続することには、かなりの無理が予想される。

西飛行場は、広島の中心街紙屋町交差点から直線距離で約5KMだ。
広島西飛行場はドアツードアの空のタクシーの基地としての価値は高い。
ということであれば、広島西飛行場は、ビジネスジェットの基地になることを目指した方がよさそうだ。
数十機のビジネスジェットが並んだら、そりゃー壮観だろう。
数百機が並ぶ?
いまの経済のグローバル化、中国との交流の目覚ましい発展をみれば、そんな可能性は十分にありそうだ。

1_2

そのためには、まず西飛行場を基地とするビジネスジェットの運航会社を立ち上げる必要がある。
韓国や中国などに支社や工場を持つ会社の何社かが共同出資でビジネスジェットの会社を設立したらいい。
ビジネスとして有望ならば、出資者も増えるだろう。
さらに、新たな旅行ニーズの掘り起こしもできるだろう。

ビジネスジェットは新しい可能性を感じさせてくれる。

「広島西飛行場をビジネスジェットの基地にする」?

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

« ホテルウーマンと観光教育 | トップページ | フラワーフェスティバルと折り鶴 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211008/41717916

この記事へのトラックバック一覧です: ビジネスジェットと西飛行場:

« ホテルウーマンと観光教育 | トップページ | フラワーフェスティバルと折り鶴 »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30