広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« 期待できるかオバマの『核廃絶』議論 | トップページ | 長命寺の桜餅 »

2008年6月24日 (火)

“もみじマーク”の義務化?に疑問

 この国では75歳以上に対して必要以上に厳しい…のだろうか。
 私は運転免許所を持たないので直接は関係ないが、友人の何人かはえらく怒っている。

 6月1日から、75歳以上の高齢ドライバーが運転する車には「もみじマーク」をつけることが義務化された。これまでは努力目標だったが、道交法の改正施行に伴うもので違反すれば反則金4千円と1点の減点が科せられる…という。

 75歳「もみじマーク」は10年前に、初心者向けの「若葉マーク」と対照的に導入され『シルバーマーク、枯葉・落葉マーク』とどちらかと言うと敬遠されてきた…ようだ。

 高齢化すれば体力や身体能力が劣り、年々低下することは当然であるが個人差は極めて大きい。それを十把一絡げに「もみじマーク」で区別することは如何なものだろうか。
 一般的には高齢化は身体能力が低下し判断能力の衰えも加わって事故を起こしやすいとされている。65歳以上の事故は10年前の2倍、75歳以上は3倍になったとの報告がある。

 このマークの車には周辺の運転者は割り込みや接近をしてはいけないことになっている。
 若くても運動能力が低く運転が下手な人もいれば75歳以上でも安全運転が出来る人は多いと思う。
 だから運転免許更新時期に適性検査を十分に行えばよいのではないかと思う。チェック期間を1年ごとにするとか、基準に達しない人や自ら希望する人には「もみじマーク」は付けてもらう…などの方法が取れないのだろうか。運転免許の自主返納が進まないのはなぜなのか…改めて考えてみる必要もありそうだ。
 一方、タクシーにも適用されるとすれば客は敬遠しがちになるのは人情だ。これでは職業差別を生んだり、タクシー運転手を生活の糧にした高齢者の生活権を奪いかねない。
 たまたま改正法の施行時期が「後期高齢者医療問題」の“高齢者いじめ”と重なって厳しい批判の的になっている時だけに不満や反発の声が大きく響いているのだろうと思う。

 警察庁は自転車3人乗りの禁止と同様に“お役所仕事への反発”に慌てたに違いない。
 警察庁は「もみじマーク」普及率を高めるのが狙いだったとして、一気に反則金を科すのでなく1年間は「口頭での指導に留めるよう」通達された…との報道もある。
 “老人切り捨て“と言われる75歳以上を一律で仕切る発想は残念ながら「後期高齢者医療法」と同根から生まれていると考えざるを得ない。
 何はともあれ一年の見合わせ期間中に反省に立って抜本的な心の通う対応策が生まれることを期待しよう。友よ!こんなことで怒って命を縮めては何にもならんぞ!!

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

« 期待できるかオバマの『核廃絶』議論 | トップページ | 長命寺の桜餅 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211008/41626784

この記事へのトラックバック一覧です: “もみじマーク”の義務化?に疑問:

« 期待できるかオバマの『核廃絶』議論 | トップページ | 長命寺の桜餅 »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30