広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« マリーナホップ | トップページ | 「シネマ・クラブ ひろしま」の発足 »

2008年6月 1日 (日)

折り鶴と市章

折り鶴は今や平和のシンボルになった。
広島市のシンボルでもある。
フラワーフェスティバルでも、今年から折り鶴みこしが70基に増えた。
これでフラワーフェスティバルの価値も一段と高まった。
パレードのあと、平和公園に置かれた折り鶴みこしは荘厳ですらあった。

広島市の市章は、川の都広島をモティーフにした3本の波のデザインである。
この市章は明治29年5月19日、旧芸州藩の旗印であった「三つ引」(三)にヒントを得て、これに川の流れを表現するカーブをつけて、水都広島を象徴するとして決められたという
なかなか綺麗なデザインだ。

1

今では折り鶴といえば、誰でもが広島市と平和を思う。
折り鶴をモティーフにしたデザインを、広島市の第2の市章にしたらいい。
平和活動、インタナショナルな活動等、使う対象を限ってもいい。

折り鶴の意味するところは深く大きい。
広島市の市章にすることによって、さらにその折り鶴の価値がたかまることになるだろう。

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

« マリーナホップ | トップページ | 「シネマ・クラブ ひろしま」の発足 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

はじめまして、のりすけと申します

確かに、チボリ公園にしろ、観覧車のあったマリーナホップにしろ、あの手の商業施設での集客性は、確実に最初の数年だけ良くて、徐々に衰退し、あるところで、施設の老朽化による支出との関係で復活できない赤字の連続へと陥ってしまうというパターンがあるようですね。

私は、広島市民球場跡地利用について研究しているものですが、あそこに100万人以上(150万人)の集客性を地元商店街等が要求している状態で、どうすれば継続可能な集客性をもてるかを考えているとことです。

やはりそういった商業施設ではなく、平和公園にない新しい平和への機能を儲け、平和公園からの人々を導くしかないと思って案をつくりました。

以下ご参考までに、当研究会のホームページの内容です。http://nori3200.web.fc2.com

この文面から飛ぶと一部画像が見られない場合があるので、グーぐるなどで、広島市民球場跡地利用市民研究会を検索して入っていただいたほうが確実です。

のりすけ様

HP、見させていただきました。
上手に今ある広島の問題を整理されているのに感心しました。
絵も上手ですね。

>元安川様

ホームページを見ていただきありがとうございます。
マリーナホップのところでなく市章のところにコメントしていました。すみません。

広島がどうなればもっと良くなるか、広島の難問と格闘している毎日です。
今週、役所に行って、また、要望してきます(半年に1度くらいの割合で行っています)。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211008/41382261

この記事へのトラックバック一覧です: 折り鶴と市章:

« マリーナホップ | トップページ | 「シネマ・クラブ ひろしま」の発足 »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30