広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« 長命寺の桜餅 | トップページ | ひろしま美術館とコンサート »

2008年6月26日 (木)

劇団四季とALSOKホール

劇団四季の公演「美女と野獣」が、6月8日千秋楽を迎え、終了した。
105日間で12.4万人の来場客であった。
当初の予定では、2月17日から1ヶ月であったが、2度にわたり延長され、結局半年近くのロングランになった。
今回の公演は稼働率が50~60%だったようだ。

2003年にはキャッの公演があった。
そのときの、広島の公演では、座席の稼働率は97.9%だったという。
あまりの人気に、劇団四季も驚いたようだ。
地方都市での公演の平均稼働率は92.2%だったという。
だいたい野球でも、ホテルでもなんでもそうだが、稼働率が7割を超えると、日によっては取得できない日が出てくる。
いかに凄い人気だったかわかる。

劇団四季の公演もすっかり広島に根付いた。
広島公演の観客の3割は、広島県外の人だという。
広島市にとっても、貴重な産業の一つだ。
劇団四季にとっても、広島は魅力的な都市のようだ。
劇団四季の専用劇場を作るべきだという議論も起こり始めた。
東京にはすでに数ヶ所あり、福岡、札幌にもある。
仙台にも計画があるという。
福岡のキャナルシティーの専用劇場は、劇団四季が51%出資し、12ヶ月間通しで使っているが、経営の実態はかなり厳しいという。
広島では、12ヶ月通しての公演はとても難しい、3~6カ月の公演がやっとというのが実情のようだ。
若草再開発を検討の際、劇団四季の専用劇場をつくることも検討されたらしいが、その負担があまりにも莫大だと、断念した経緯もあるようだ。
劇団四季の専用劇場を新たに作るとなると、少なくとも20~30億円かかるという。
その金利、償却負担を考えれば、決して楽ではないことは予想できる。
土地代を含めればすぐ倍の50億円程度にはなってしまう。
劇団四季の専用劇場を作るということは素晴らしいことだが、負担をどうするかの議論をきちんとしておく必要がある。
失敗すれば、文化施設をどんどん廃止している大阪府の二の舞になりかねない。

1_2

それならいま使っているALSOKホールを劇団四季の専用劇場としたらどうだろうか。
現在でも、ALSOKホールはすでに専用劇場に近い運営がされている。
四季の公演には、800人~1,200人程度の規模のホールが適当だという。
このALSOKホールは1,730人の収容といっているが、2階席が500席あり、立見席127席を含んでいる。
実質的には1,603席ということになる。

舞台の大きさ、音響等は、四季の公演にはぴったりだという。
リハーサル室が3室、それにスタジオ、オーディオルーム、録画編集室を備え、地下にはレストランもある。
ALSOKホールの北側には、収益にならないからと閉鎖されている宿泊スペースもある。
それらを活用すれば、劇団四季の研修所、記念館もできる。

大きすぎるということであれば、後ろの方の席を減らして、他の用途に使ったらいい。
現状は女子トイレが全く足りない。
女子トイレを増設したらいい。
クロークもないから、クロークをつくったらいい。
劇団四季のグッズ販売コーナーもあったらいい。
それに加えて、西洋の劇場にあるような10人くらい入れる個室もあったらいい。
後楽園のドーム球場には個室があるが、その個室を年間契約で、数百万円で売っている。
ここの個室も年間契約で、企業、フアンクラブに売ったらいい。
後ろの方の座席が減れば、すぐ800席位になってしまう。

ロビー上のラウンジはアンデルセンのようなレストランにしたらいい。
外から直接入れるように階段を設け、公演のない日にも営業できるようにしたらいい。
レストラン専用に、太田川側に10台程度の駐車場を設けたらいい。

劇団四季には大変多くのマニアックなフアンがついている。
現行のレストランは、そうしたフアンのためのクラブハウスとしてもいい。

こうした一連の改修工事と、新しい耐震基準に合うような改修工事を行っても、せいぜい10億円もあればできるだろうと思う。

ここは県が9億円で、土地、建物を取得した。
その取得費用と改修費を合わせても、20億円もあれば劇団四季の専用劇場ができる。
こうした類のリノベーションなら、営業しながらでもできる。
どんな改修をするかは劇団四季の意見聴きながら進めたらいい。

新たに土地を取得して、建設するより、ALSOKホールを改修するほうがはるかに現実的ではないだろうか。

アストラムラインと山陽本線の乗換駅も近々できる。
そうなれば山陽本線沿線からの来場客にとっても格段にアクセスはよくなり、マーケットは大幅に広がる。
国道54号線にも面しているから、車でのアクセスもよい。
立地もいい。

先日TVで、千葉マリンスタジアムの運営を、指定管理者制度により、ロッテ球団に任せたところ、ロッテが球団と球場を一体として運営することで、多様な活動ができるようになり、おかげで来場者も収益も数倍に増やしたという。
このALSOKホールも、劇団四季を指定管理者として、その運営を任せたらいい。

こんな仕掛けをすれば、
ALSOKホールは、劇団四季の国内最大の拠点になる?

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

« 長命寺の桜餅 | トップページ | ひろしま美術館とコンサート »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211008/41647774

この記事へのトラックバック一覧です: 劇団四季とALSOKホール:

« 長命寺の桜餅 | トップページ | ひろしま美術館とコンサート »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30