広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« 2020ビジョン 核なき世界 | トップページ | 道州制の<是・非> »

2008年4月17日 (木)

賑わいは岡山駅前の地下街にあった。

久しぶりに岡山市の街を歩いた。
歩いたのは、初めてといったほうが正確だ。
以前に、何度も来たことがあるが、車で通っただけだ。
しかし歩いてみてわかった。
岡山の街は、歩くようにはできていない。歩いて楽しい街ではない。
岡山駅、後楽園、県庁、市役所、岡山医大等の主要な施設は距離的には歩いていける範囲にあるが、市内のあちこちに散在し、とても歩いて行く気にならない。
通りは広く、どこにいくにも、車でいくことを前提にできているから、だれもが車でいく。
広く立派な通りが出来ている割に、交通渋滞が酷い。
住宅地も郊外に拡がっているから、皆車で通勤してくる。
それがまた都心の渋滞に拍車をかけている。
街の道路は格子状になっているから、解りやすいはずだが、岡山駅が斜めに入っているため、駅を降りてから、歩き始めると、意外と方向音痴になる。
古くからある表町商店街は、かなり長いアーケードもあるが、そのアーケードが返って通りを薄暗くし、暗い雰囲気の通りにしている。
シャッターを降ろしている店もある。商店街には賑わいはない。
この表町商店街は岡山市の最大の繁華街であるが、その衰退に歯止めがかからない。
市が行った06年3月の休日の通行量調査では、中心の天満屋岡山店前で15,929人/日である。
10年前に比べ、66.88%にも減った。半減に近い。
447店舗のうち、この1年半の間に11店舗も減った。
こうした現象はこの表町商店街だけではない。
駅から東に伸びる駅前商店街(67店舗、208M)、駅西側の奉還町商店街(205店舗、800M)でも同様の現象が起こっている。
何事もそうだが、減少傾向というのは気が萎える。

2

しかし賑わいがどこにもないわけではない。
賑わいは岡山駅の地下街にあった。
しかし地上の駅前には人通りはない。
地下街にいくら賑わいがあっても、どうもそれは街の賑やかさにはならない。
この地下街もどこかつまらない。
どこにでもある郊外のSCと同じだ。どこにでもある地下街だ。
そこには歴史も文化もない。
地下街は街の一角には欲しい施設だが、街の全てではない。
岡山市には、バーやクラブ、それに風俗のお店等のいささかいかがわしいお店の集まった歓楽街もない。
そんな類のお店は岡山駅の前と、表町商店街の裏とに分散してしまっている。
そのせいか歓楽街といえるほどの規模にはなっていない。
車で生活する街では酒を飲んで帰るとなったらタクシー代もバカにならないから、そんな歓楽街はできないのだろう。
悪所も街を構成する重要な要素だということがよくわかる。
岡山駅は岡山市最大の交通拠点である。
その交通拠点に賑わいは吸い取られてしまったようだ。
公共交通機関の拠点であることは、今の時代にあっても、商店街成立のための必須の条件であると、以前広大の奥村教授がいっていた。
中心市街地にとって、アストラムライン、バスセンターの公共交通機関の果たす役割は大きい。
100M毎に停留所のある広電は、それこそ街の「動く歩道」だ。
ちょっと前まで、都市は膨張することを前提に考えられてきた。
その当時は、これからは車社会だともいわれてきた。
岡山市は平地が多く、将来の発展性は高い。
比べて広島市は平地が少なく、道路網の整備も遅れ、将来性はないといわれていた。
そうした時代に相応しい都市は、岡山市だと持て囃された。
しかし岡山市は、街は膨らんだが、代わりに賑わいを失った。
今岡山市は、いかに街を縮小するのか、コンパクトな街にするのか、歩いて暮らせる街にするのかの課題を抱えることになった。
そんな岡山市のお手本は、広島市にある。

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

« 2020ビジョン 核なき世界 | トップページ | 道州制の<是・非> »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211008/40841792

この記事へのトラックバック一覧です: 賑わいは岡山駅前の地下街にあった。:

« 2020ビジョン 核なき世界 | トップページ | 道州制の<是・非> »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30