広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« 県庁の生垣 | トップページ | “折り鶴”を世界遺産に »

2008年4月23日 (水)

リニア新幹線

JR東海が、東京・名古屋間を40分で結ぶリニア新幹線を建設したいとぶちあげた。
工事費5兆円は、全額自社で負担するというから凄い。
40分で結ぶというのも凄いが、工事費を国に頼らず、自分で何とかするというから、たいしたもんだ。
しかしもう既にルートを変更しろとか、途中に駅を作れとかの動きがあるようだ。
政治が介入すると碌なことがない。
税金を使うということになると、そうした意見に振り回されることになる。
JR東海は自分でなんとかするというんだから、自由にやらせるべきだ。
1km当たりの建設費は、平均すると150億~200億円と試算している。
大阪の地下鉄井高野~今里間、11.9KMの建設費は2,718億円というから、その地下鉄の建設費より安い。
都心の工事は道路とのとりあいとか、深夜の工事とかお金がかかるが、今回は直接工事費だけ考えればいいから、安いのだろう。
飛行機の速さで地上を走ったら、何か怖そうだが、でも飛行機だって、あんなでかいのが浮き上がって、飛ぶということのほうが、怖いといえば怖い。
ガタンと凄いショックで着陸するときなど、椅子にしがみついてしまう。
よく事故も起きる。
現にそれが理由で、飛行機には一切乗らないという人は、私の友人にも何人かいる。
彼は海外旅行はしないし、東京から徳島にいくのに、新幹線で岡山までいき、そこから電車に乗り換えている。
それはそれは涙ぐましい努力をしている。
傍からみれば滑稽ですらある。
でも本人は本当に怖いのだ。
私だって飛行機は怖い。
自分は事故にあわないだろうと、信じているだけだ。
飛行機は1機当たりの乗客数に対し、パイロット、スチュワーデス等が多すぎるようにも感じる。
新幹線の輸送力に比べたら、効率は悪い。
地球環境的に見ても、重力に逆らい空に上がった飛行機を飛ばすのは、石油を空にぶちまけているようなもんだから、それもおかしい。
昔習った電磁石の原理で、ちょっと浮かせた列車を走らせるのは、軌道から抵抗が全く受けないのだから、それは理に適っている。
リニアの技術を支える超伝導の技術開発も進んでいる。
当然、地球環境的にも好ましい。
殆どの区間が地下40M以上の深さであるため、1番時間がかかって大変な土地買収の問題もない。
あとは騒音とか、発生する気流をどうするか等より感覚的問題だろう。
最大の問題は工事費がかかりすぎ、収支があうのかという心配があるが、それだって自分でなんとかするというんだから、余計な心配だ。
官でやると、大体予算の数倍かかるのが当たり前だが、今回はそんなことはないだろうし、かかってもJR東海の問題だ。国民がそのつけが回ってくる心配はなさそうだ。
そんなに急いでどこ行くのという感じがしないでもないが、飛行機に比べたら、リニア新幹線は、全ての面で理に適っている。
18年後の2025年の開業を目指したいというが、意外と早く実現しそうだ。
上手くいけば、次は、大阪、広島、博多を通って鹿児島まで繋げればいい。
その次は、対馬海峡を渡って、韓国にまで伸ばせばいい。
リニア新幹線は面白そうだ。
JR西日本は何かというとすぐ、「飛行機に、敵に塩を送るようなことはしたくない」という。
そんなケチなことをいうのは、もう止めたほうがいい。
国内はリニア新幹線と新幹線で結び、飛行機はすべて国際線にするというくらいの大らかな発想をして欲しい。
「JR東海」頑張れー!!!

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

« 県庁の生垣 | トップページ | “折り鶴”を世界遺産に »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211008/40842379

この記事へのトラックバック一覧です: リニア新幹線:

« 県庁の生垣 | トップページ | “折り鶴”を世界遺産に »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30