広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« PASPY | トップページ | いい店ひろしま顕彰事業 »

2008年3月 8日 (土)

ユーティリティ・カー

 日本全国で鉄道の廃線が進んでいる。そして中山間地ではバスの便も減り、深刻な問題となっている。広島市の郊外の団地でも、利用者の少ない昼間のバスの運行が削減され、住民は大変困っている。利用者が少なく、採算ベースに乗らなければしょうがないと、現状はただ手を拱いているだけだ。
 しかしよく見ると、そうした地域でも、スクールバス、学校給食用の車、郵便局の集配車、宅配便の車、障害者の送迎の車等いくつもの多様な種類の車が走っているのがわかる。運輸資源としての、車も人も充分あるといえる。それぞれの目的にしか使えないから、車も人も効率はそれほどいいとは思えない。儲かっているとは到底思えない。このまんまでは、さらにバスは減り、郵便局はなくなり、スクールバスもなくなってしまう。
 それらを運輸資源として活用する手はないのだろうか。そうしたことができないのは、どうも各種規制にあるように感ずる。ちょっと調べてみると、旅客は「道路運送法」、貨物は「貨物自動車運送事業法」で規定されている。
・「貨物運送事業」は有償で貨物を運送する事業と定義されており旅客の運送は出来ないし、想定もしていない。(貨物法 第2条)
・旅客運送事業」は旅客を運送する事業とだけ定義されているが、特例で郵便物、新聞などの運送が出来ることとされている。(道運法 第82条)
・貨物事業、旅客事業のどちらも具体的な禁止行為としては「事業区域外の運送」が条文に明記されている。(貨物法 第10条、道運法 第20条)
・貨物事業は許可、旅客事業は免許であり安全管理面の基準体系が格段に異なり、厳しい。
・いづれも事業としてではなく、無償で行う運送は法の適用はないので、原則として自由に行うことが出来る。(過疎地の自治体が行う無料バスなど)とある。
 いずれにしろ旅客の安全性が最優先されていることがわかる。
 故に、郵便局の車は人を乗せてはいけないことになっているのだろうし、スクールバスは、小中学校の生徒の送迎以外の旅客の乗車や、宅配はしてはいけないことになっているのだろうと思う。郵便局の車は旧郵政省、スクールバスは文科省の管理と支援を受けていることも、目的以外の他の業務をすることを難しくしているように思う。これも縦割り行政の成せることといえるのだろうか。
 それなら、そんな規則をこの際撤廃し、それぞれの車が何をしてもいいということにしたらどうだろうか。一つの車が、人も物も乗せてもいいし、なんでもやってもいいようにしたらいい。郵便局の車が通学の小学生を乗せてもいいし、老人、障害者を乗せてもいいというようにしたらどうかというわけだ。無償で行うならOKというなら、有償で行っても、安全性が妨げられることはないだろうと思う。 安全性と有償、無償は本来関係のないもんだろう。便数は確実に増えるだろうから、住民にとっては便利になるし、運行する企業にとっても採算性は向上するだろうと思う。
 自家用車に頼らなくてよい生活ができるようになれば、中山間地域に住む人も増えるだろうと思う。そうなれば地球環境的にもいいことだ。
 人が乗るだけでなく、物も載せられる、障害者も乗せられるような多目的車、ユーティリティ・カーも販売されている。

3

 野球にはユーティリティ・プレイヤーと呼ばれる選手がいる。いくつものポジションをこなせる選手のこという。それは1流になれない選手でもあるが、そんな悪い意味ではなくて、良い意味での「便利屋」がいる。utilityとは本来“万能の”、“使い勝手のよい”という意味でもあるようだ。
 車の世界ではユーティリティ・カーは、オフロードのレジャーにも使える車ということの意味に使っているようだが、多様な目的に応えられる車はすでに販売されている。
 ハードはすでにある。問題はそれを可能にするソフトだ。突き詰めれば規制緩和が必要だということのようだ。
 日本全国どこでも規制緩和をしなくともよい。たとえば広島市が一括して、それらの免許権を各省庁から譲り受け、中山間地域とか、団地とか、その地域の実情にあわせて認可し、運行できるようにすればよい。今盛んに言われている地方分権の大きなテーマにしたらよい。

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

« PASPY | トップページ | いい店ひろしま顕彰事業 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211008/40341776

この記事へのトラックバック一覧です: ユーティリティ・カー:

« PASPY | トップページ | いい店ひろしま顕彰事業 »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30