広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« 映画「草の乱」は現代の鏡 | トップページ | 「対岸の火災」ではない »

2008年3月22日 (土)

桜だより

 気象庁が3回目の桜の開花予想を出した。広島は昨年より数日遅れの27日だ。

 日本には数百種の桜があるが全国の桜の名所の80%はソメイヨシノで=桜だ。
 桜の開花予想や開花宣言は気象台や測候所が定めたソメイヨシノの標本木が5~6輪咲いたら“開花”、80%咲くと“満開”となる。
 
 古くから広島の桜の名所と言えば白島の長寿園だ。ホームテレビ周辺から安田高校裏の一帯は戦前からの名所で、今も古木と新木が入り混じった桜並木のトンネルは華やかだ。
 市内のお花見の代表格は何といっても平和公園だろう。元保川と本川に挟まれ緑の木々が取り囲む公園内には400本のソメイヨシノが咲き誇る。50年を超えた古木も多く、市の公園緑地課は秋から春先にかけて無駄な枝の剪定や腐葉土を敷いて桜木の養生をしてきた。枯れ死が心配された数本も見事に沢山の蕾を膨らませて開花を待つばかりになっている。

 縮景園は気象台が開花を予想する広島の標本木があるのをはじめ奥まった河岸沿いには長寿園に繋がる桜並木を眺められる。
 江波山公園は山頂から広島湾を見下ろしながら花びらの数が多い珍種のエバヤマザクラが有名だ。広島城はお堀に映る桜と散り始めるとお堀を薄紅色の花びらが水もを染める風情があって人気が高い。比治山は桜の下で焼き肉が楽しめる穴場。
 黄金山は頂上に向かって500本のソメイヨシノがトンネルを創る。民間放送局のTV開局で設置した放送塔に通う道沿いに記念の桜を植えて市に寄贈した。あれから50年、眺望と共に市内随一の桜の名所になった。

 県内では旧チチヤスのちゅーピーパークや音戸の瀬戸公園、尾道の千光寺に三次の尾関山公園や庄原の上野公園が知られるが宮島が桜の名所ということは以外に知られていない。
 沿岸部と県北の開花時期は2週間以上ずれるのが例年だ。中国新聞の桜だよりで確認のうえで出かけるのが良い。

 1月に沖縄から始まる日本の桜前線は5月下旬の北海道の松前桜まで4ケ月あまりにわたって日本縦断する。花粉症を心配する向きもあるが日課の散歩で桜花を楽しみたいものだ。

12

*左は昨年の桜   *右は3月20日平和公園の桜蕾 


*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

« 映画「草の乱」は現代の鏡 | トップページ | 「対岸の火災」ではない »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211008/40589288

この記事へのトラックバック一覧です: 桜だより:

« 映画「草の乱」は現代の鏡 | トップページ | 「対岸の火災」ではない »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30