広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« NHKへの疑念 | トップページ | クレーマー »

2008年2月13日 (水)

駅伝―イベントビジネスの可能性

 1月20日の日曜日、全国県別対抗男子駅伝が行われた。広島は残念ながら過去最悪の24位に終わった。しかし冷たい雨にも関わらず、沿道からの声援はとぎれることがなかった。その数13万人という。NHKTVで、全国放送された。近頃は休日にTVをつければ、駅伝を放送しているという感すらある。そのくらい数多くの駅伝がいま全国各地で行われている。いまでは駅伝は、日本を代表する文化になっている。広島では、この駅伝を契機に、全国各地の県人会も生まれている。
1
 その駅伝のシンボルともいえるのは、毎年正月に行われる「箱根駅伝」だろう。
 1月2日、3日の両日、朝7:30から昼の2:00まで箱根駅伝がTVで中継された。2日間合わせて14時間も放送されたのだから凄い。お化け番組だ。当初はお正月で適当な番組がなく、その穴埋め程度だったのだろうが、今では正月といえば箱根駅伝というくらい、メインの番組になっている。
 我が家では最初は女房が嵌り、それに付き合っているうちに、こっちも嵌ってしまった。「走るのは嫌いだ。努力するのは大嫌いだ」といっていたのに、駅伝は努力そのものだと思うが。正月となると、旦那はスキーに夢中になって出かけてしまい、仕方なくTVを見ているうち嵌ったようだ。
 沿道の観客も以前に比べ随分と増えたように思う。皆この箱根駅伝に嵌った人たちだろう。嵌るにはそれだけの理由があるのがよく解る。それを、この箱根駅伝を例に見てみたい。
1)物語がある。本来マラソンは個人競技であるから、そこには一人ひとりの喜怒哀楽の物語がある。その一人ひとりが繋がって、団体競技になったことで、さらに新たな物語が加わった。一人ひとりの頑張りが優勝に繋がるが、一人が故障で倒れたら、そのチームは失格してしまう。そうならないためにフラフラになっても、倒れても立ち上がり、チームのために走ろうとする。監督が選手の体に触れたら、その時点で失格になる。監督が何度も車をおり、水を与え、声をかける。それを振り払い、選手は走ろうとする。その姿は広の心を揺さぶる。感動的である。そんな物語が様々に展開する。しかし今年は、なんと3チームが失格になってしまった。
2)勝負としての興味がある。どこが優勝するかに興味があるのは当然であるが、それだけでなくシード権争いはまた大きな意味がある。J1残留か、J2降格かのような話である。これは、見ているほうからすれば面白い。18時間も走ってきて、ほんタッチの差で、シード権を逃し、泣き崩れる大学もある。来年はまた予選から戦わなければいけない。箱根駅伝に出られないかもしれないのである。
3)観客は、沿道の人たちを巻き込むことで、軽く数百万人を越えるだろう。沿道の人たちは観客となり、走る選手と一体となって喜び悲しみを分かち合っている。
4)今年は84回の歴史があり、雨の日があり、雪の日があり、またたくさんの選手の、関係者の数多くの物語がある。
5)TVの放送技術と上手くマッチングしたイベントである。
6)大学にとっては大きな宣伝効果が期待できるので、総力を挙げて支援する。
 まだまだこのほかに沢山の理由があるだろう。それにしても、これほど沢山の物語が、ひとつのスポーツに詰まっているのは他に例がないだろう。
 この箱根駅伝を、広告費用に換算したら、それこそもの凄い金額になるだろうと思う。
 この箱根駅伝をイベントビジネスとしてみれば、極めてよくできていることがわかる。
 これだけのイベントを誰か特定の個人が仕掛けたということではない。長い歴史の中で、皆が少しずつ知恵を出しあい、育まれてきたのだ。
 まちづくりを進める上で、イベントの効果は大きい。イベントを育てるには手間隙がかかるが、それだけの価値はある。広島に、もっと沢山のイベントが生まれ、育てていくことの必要性を改めて感じる。

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

« NHKへの疑念 | トップページ | クレーマー »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211008/40077010

この記事へのトラックバック一覧です: 駅伝―イベントビジネスの可能性:

« NHKへの疑念 | トップページ | クレーマー »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30