広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« 日本酒 | トップページ | 農業の企業化 »

2008年1月18日 (金)

無人駅

 無人駅だったJR山陰線の山口県湯玉駅が改装され、薬局としてオープンしたという。駅近くにある病院から相談をうけた調剤薬局・医療コンサルタントの会社が、20年近く無人化していた湯玉駅の駅舎を買い取り、老朽化した旧駅舎を撤去し、その跡に、木造2階建ての薬局と平屋の駅待合室を建てたのだという。薬局が駅の業務もやっているのだと思う。地元の人たちからは大変感謝されているという。
 JRの駅は、無人化されるような利用者が少ない駅であっても、長い歴史もあり、その地域の拠点になっていることが多い。通常、そうした駅は、幹線道路からのアクセスもよく、駅前には広場を持ち、利便性も高い。

C_2

 そうした環境にある駅が、このように薬局等の他の用途を兼ねた駅になることは、地域の住民にとって、都合のよいことであろうことは容易に想像できる。
 同社は薬局だけでなく、いずれは地元産の野菜販売などをしていきたいといっている。
 無人駅に薬局、コンビニ、町役場の出先をとりこむことは、近頃流行りの「エキナカ」といえるが、駅とは本来そうしたものではないだろうか。
 「エキナカ」ならJRは充分の経験と実績がある。無人駅を複合化して、駅を再生することは、鉄道そのもの収支を改善することにもなるであろうから、今各地で問題になっている赤字3セクの再生にも有効な策かもしれない。
 郵便局にローソンのコンビニができるとは、民営化されるまではだれも予想しなかったことだ。
無人駅に限らず、駅の複合化には様々な可能性が覗える。こうした試みは、これからもどんどん進めて行って欲しい。

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

« 日本酒 | トップページ | 農業の企業化 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211008/17679522

この記事へのトラックバック一覧です: 無人駅:

« 日本酒 | トップページ | 農業の企業化 »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30