広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« 西風新都-負から正の遺産へ | トップページ | 裏カフェ »

2007年12月29日 (土)

シャンバラ

 平和公園西の交差点脇にある「シャンバラ」というお店を友人に紹介された。見つけるのに苦労するほどの小さなお店である。マンションの1階にある1つのお店の中で、2人の女性が、それぞれ全く別々の品物を販売している。

Sh

 1人の女性はインドネシア人で旦那が日本人、もう1人の女性は日本人だが旦那が中国人という。なんともインタナショナルな組み合わせのお店である。旦那が中国人という女性は、上海製の絹に、蘇州の刺繍を施し、その布を使って、サンプルからデザインを選び、採寸し、中国で製縫するという商品を扱っている。インドネシア人の女性は、インドネシアの財団が生産している野繭(愛知万博に出したゴールデン・コクーン)と伝統のオーガニックコットン、それにバティックとイカットを合体させたリ・ウーブンという布を販売している。こんなユニークなお店が広島にはあるということにも驚く。しかしビジネスということになると、なかなか厳しいようだ。
 このお店の扱っている商品は、東南アジアからの輸入布、皮膚に優しい布、個性的なデザインと、いくつもの独自性がある、ということであれば、ネット販売の可能性があるのではないかと、アキハバラ塾塾長の河口知明氏に相談した。
 彼は、「このジョグジャ・ゴールデンコクーン リ・ウーブン等をネット検索で調べてみると、ゴールデン・コクーンは有名のようですが、問題は、ネットで検索するこのような言葉(キーワード)を消費者が打ち込む時に、どうやってこのキーワードを消費者が知るかが問題です。知るための情報としては、雑誌・TV・口コミ・ブログがありますが、一番良いのは、まずTVで話題にし、次に雑誌に載れば このキーワードが知られ、そのキーワードから検索してきます。その時に、オーダーメイドで作っていますとか、生地を売りますとかすればいいでしょう。
 その例として、広島菜漬けの生産者の場合、現在ネットでも販売していますが、1年間に250万円しか売れていないそうです。それはなぜか?広島菜漬けというキーワードな有名ではないので、消費者はこの言葉では、打ち込んできてくれません。この店の販売額を増やすのにキーワードとして、「漬物」「漬物販売」「漬物製造」 そしてその説明文には 「広島にも漬けもんがあるけ~食べてみんさいや」ということを付け加えるということを提案しています。この2つのお店とも、雑誌とか、主婦の方の知名度調査をすれば、どういう切り口(キーワード)で売っていくかで、検討がつくと思います。」とアドバイスしてくれた。
 広島のこんなユニークな、小さなお店が、ネット販売という手法を使って、あらたな可能性を掴むことができたら素晴らしいことだ。もし成功すれば、市内にある沢山の小さなお店にとっても参考になることと思う。

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

« 西風新都-負から正の遺産へ | トップページ | 裏カフェ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

検索は研究するととても面白く、日本でどのような言葉が検索されたか、数字で出てきます。
これを利用して、最適の言葉でヒットさせるようにするか、定番的にブログ、ホームページにリンクを貼ってもらうか。

インターネットの世界は奥が深いです。

広島アキハバラ塾を運営してみて、国際化の波が確実に来ていることも実感しました。
語学(特に英語)のスキルアップを計る事が広島市の経済発展につながると思います。

12月2日の記事にもあるように、広島市では教育特区「ひろしま型カリキュラム」で小学校から英語の授業が導入されます。国際都市に相応しい子どもたちが育ち、文化的にも経済的にも広島の発展に貢献してくれることと期待しています。そして、地域の一員として彼らの成長を精一杯サポートしようと思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211008/17445650

この記事へのトラックバック一覧です: シャンバラ:

« 西風新都-負から正の遺産へ | トップページ | 裏カフェ »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30