広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« ストリートミュージシャン | トップページ | 一本の鉛筆 »

2007年12月13日 (木)

政務調査費

広島市、県で、議員の政務調査費が様々に問題になっている。
取りあえず政務調査費は1円以上全てについて、領収書を添付することになった。
透明性は高まったが、しかし政治と金の問題への不信感は消えたわけではない。
使途がいいか悪いかについて、いくら細かく決めても、グレイゾーンは残る。
先日は、京都府議の政務調査費の1人当たり平均2割が「目的外支出」であるとして、監査委員会から返済するようにとの勧告がされた。中には7割が返還すべきだと認定されたという。
NPO法人の住民監査請求で明らかにされたという。

現実はどうも、政務調査費そのものが、第2の議員報酬になっているようだ。
だからこの際一気に廃止すべきだという人もいる。
議員の先生の中にすら、そのようにいう人もいる。
全額廃止できればそれに越したことはないが、そう簡単なことではないだろう。

それなら「使途については一切問わない、自由に使ってよろしい。が、その代わり、半額にする」というのはどうだろうか。
予算があれば、残したら次の年には減額されてしまうということを恐れ、何でもいいから、使ってしまえというのが普通の人だ。
そんなことなら、使途をいくら厳しくしても意味がない。
それならいっそ政務調査費分を議員報酬として認め、かわりに半額にするとしたほうが、お互いにすっきりするし、メリットがあるのでないだろうか。
どの程度の減額にするのかは、別途議論したらいい。

といったら、ある人は次のようにいっていた。
「金儲けを考えるだけで、勉強もしない議員に、あんなに高い給料を払った上に、政務調査費は一切不要だと思います。
政務調査費を使って調査研究、条例策定、研究会などという話は、ほとんど聴いた事がありません。
使途の大半は事務所経費に当てられ、実態は後援会活動費です。
市民、国民はしっかりと議員の品質管理をして、議員にしっかりと勉強させなければなりません。
政務調査費の使途のでたらめさは国,県、市、皆同じです。
もちろん議員一人で政策立案、調査研究は限界があります。
議員をサポートする仕組みを別途考える必要があります。
政務調査費予算の半分くらいの費用で、20人くらいの専門スタッフが雇用でると思います。」
という。
かなり過激だが、きわめて建設的で、説得力があるように思う。

いずれにしろ政務調査費をどうすべきかについては、まだまだ議論すべき余地は相当にありそうだ。
*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

« ストリートミュージシャン | トップページ | 一本の鉛筆 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211008/17197081

この記事へのトラックバック一覧です: 政務調査費:

« ストリートミュージシャン | トップページ | 一本の鉛筆 »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30