広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« バカップル | トップページ | 自動車産業は斜陽? »

2007年12月18日 (火)

九州新幹線との直通運転

 JR西日本とJR九州が、九州新幹線の2011年の全線開業に合わせ、直通運転をすることに合意したという。大阪―鹿児島間を4時間で結ぶことになり、飛行機の利用客は、かなり新幹線に移るだろうと予測されている。
 現在、鹿児島空港は市内から1時間ほど離れていることもあり、飛行機では(大阪伊丹空港―鹿児島空港)1時間05分+(空港―市内)40分=2時間程度掛かっている。新幹線が直通になれば、充分対抗できるというわけである。
 問題は、広島―鹿児島間がどうなるかだ。
 新幹線が直通運転された場合、広島駅―鹿児島中央駅間は2時間20分程度になると思われる。現在が3時間40分程度だから、1時間20分も短縮されることになる。直通運転の便は1時間に1~2本という。乗り換えの便を加えれば、さらに増えるだろうと思われる。
 飛行機では、西飛行場―鹿児島空港間1時間05分+空港―市内間40分=約2時間程度である。1日3便である。
 広島―鹿児島間の所要時間は、直通運転がされれば、新幹線と飛行機は殆ど変わらないということになる。
 それに加えて新幹線と飛行機の料金はほぼ同じ、便数は新幹線のほうがはるかに多い、安心感も新幹線のほうがあるということになれば、西飛行場からの鹿児島便が、影響を受けないわけがない。
鹿児島便が消えてなくなる恐れは多分にある。
 それでも宮崎便の1日往復1便、利用客1日平均47人のために西飛行場を残すのであろうか。
 東京便?その利用者は何人を想定しているのだろうか。州都便?それはビジネスになるのだろうか?その赤字は州が被えというが、州にそんな余裕はあるのだろうか。いささか無理があるように思う。
 直通運転開始は2011年というから、4年後だ。
 新幹線の九州直通運転の影響をどうみればよいのだろうか。

S

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

« バカップル | トップページ | 自動車産業は斜陽? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211008/17401032

この記事へのトラックバック一覧です: 九州新幹線との直通運転:

« バカップル | トップページ | 自動車産業は斜陽? »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30