広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« 紅葉 | トップページ | 国際会議の経済効果は大きい »

2007年12月 5日 (水)

銀杏(いちょう・ぎんなん)

 大分の名産、銀杏(ぎんなん)を頂戴した。堅いからを工具でつぶし実を取り出す。うすくサラダオイルを引いたフライパンに入れて熱すること3~4分。
 薄皮の中の黄色が萌黄色に変わると出来上がり。味塩を振って熱いうちに賞味する。もちもちとした食感と口中に広がる晩秋の香り、酒がすすむ。
 
 平和大通りにも銀杏(いちょう)の大木が多い。中国新聞社の前にある緑地帯でご近所のかたであろうか、年配の婦人が銀杏(ぎんなん)を拾っていた。
 都会の車の排気ガスに耐えて結んだ実は市販のそれより小さい。でも都心部で晩秋の収穫を得られるなんて、捨てたものではない。
 
 NHK前にもあるが、人が拾っているところをみかけたことはない。いまは人に踏まれた落ち葉と銀杏(ぎんなん)の残滓が道端にへばりついているだけだ。

 平和大通りを西から走り、中国新聞社のところを左折して本川沿いに2、300メートル行くと左に小さな公園(本川公園?)がある。その奥に見事に色づいた銀杏(イチョウ)が目を引く。「黄色」ってこんな色なのかと再認識させられる色感で、おもわず車をとめて見入る。

 すこし気をとめて観察すれば、穏やかな小さな秋を目にすることができる。

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

« 紅葉 | トップページ | 国際会議の経済効果は大きい »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211008/17273003

この記事へのトラックバック一覧です: 銀杏(いちょう・ぎんなん):

« 紅葉 | トップページ | 国際会議の経済効果は大きい »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30