広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« 袋町公園 | トップページ | 広島バスセンター »

2007年11月22日 (木)

ファサード

辞書には、「ファサード」とは建物の正面をいうとある。
建築家にとっては、腕の振るいだが、いまやそれが、巨大なポスターに占領されようとしている。
街の景観を壊すからと、その大きさを制限している都市もある。
広島市ではどうなっているか知らないが、正面の壁全てがポスターになっている建物もある。
バス1台を、全面的に広告で包んでしまう「ラッピング広告」を、数年前から見かけるようになった。
最初に見たときはギョッとしたが、いまではそんなに違和感はない。
洒落たデザインであれば、かえって綺麗だとすら感ずる。
いいか、悪いかはデザイン次第だといえるようだ。

Fs

本通りと鯉城通りの交差点には、高さ3M×幅5M程度の大きなTV画面がある。
これはまさにポスターが動き、音を発するというわけだ。
動画の画面となったことで、映画の宣伝から、イベント情報、企業のCMまで、多種多様な情報を発信することが可能になった。
建物のファサードが、単に壁があるということから、情報発信装置に変貌したといえる。
街のエネルギー感じる。
モノには程度ってモノがあるが、この程度であれば、私は認めたい。
これも街の面白さであり、楽しさの一部だ。
TVの画面も、いまでは紙のように薄く作ることも可能になったという。
まだ20cm程度の小さい画面のようだが、いずれどんな大きさでも可能ということになるだろう。
となれば、建物のファサードに貼り付ければ、どこでもTVが見られるというわけだ。
街から建築はなくなる?
怖ろしい!
建築家は何をすればいいのだろうか。

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

« 袋町公園 | トップページ | 広島バスセンター »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211008/16943666

この記事へのトラックバック一覧です: ファサード:

« 袋町公園 | トップページ | 広島バスセンター »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30