広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« 水と空気はただ? | トップページ | 道の駅 »

2007年10月23日 (火)

稀観本

旧日銀ビルで、10月3日から14日までの間、石田学園の創立100周年事業として、広島経済大学の所蔵する西洋古書本の展覧会「書物のルネサンス」展が開かれていた。
Hon
印刷という技術は、1455年頃グーテンベルグによって発明されたという。
いまでは、本や新聞等の印刷物のない社会は想像することも出来ないが、印刷技術の発明は衝撃的であったことは想像に難くない。それは、まさに現代のIT革命の魁ともいえるとんでもないことであったのだろうと思う。

その14世紀から18世紀かけて発行された、貴重な古書本が展示されていた。
中には数億円もする貴重な古書本が展示されていたようだ。
1493年に書かれたというコロンブスの報告書も展示されていた。
報告書はラテン語で書かれているという。
そのラテン語がスラスラと読める人が広島にはいるようだ。それも凄い。
広島経済大学の知性への意欲と経営の確かさを感じる。
これは広島の誇る財産だ。
広島には、こうした文化があることを、もっと沢山の人々に知って欲しい。
そして、こうした地味な活動を支えている旧日銀ビルの果たしている役割も無視してはいけない。

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

« 水と空気はただ? | トップページ | 道の駅 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

ヒロシマにも大変貴重な本がたくさんあります。
特に大学の図書館に大切に保存され、一般のかたに
公開されることは数少ないですね。
とてもよい企画展です。
山陰にも貴重な本がたくさんあります。
この機会に身近な本の価値について
再考してみてはいかがでしょう。
ヒロシマの文化財産の一つです。

それぞれの大学、そして県立、市立の図書館にも、一般には目に触れることのない貴重な本があることでしょうね。
これを機会にこうした展示会をして欲しいですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211008/16784130

この記事へのトラックバック一覧です: 稀観本:

« 水と空気はただ? | トップページ | 道の駅 »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30