広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« 城山三郎の「自衛隊論」 | トップページ | 水と空気はただ? »

2007年10月21日 (日)

核のない未来賞

世界平和市長会議と秋葉市長が、ドイツに本部を置く反核団体フランツモール財団の設けた「核のない未来賞」を受賞した。活動の広がりを感じる。
広島にとっても、人類にとっても喜ばしいことだ。
「世界平和市長会議と秋葉氏と両方が選ばれた」「問題解決部門」ということの意味するところは大きい。

秋葉氏の核廃絶のための活動暦は長い。
1961年、広島で開かれた核廃絶のための世界会議の際に、同時通訳をした大学1年生のときに始まるのだろうと思う。
以来すでに46年経つ。その間、彼は絶えることなく、世界に向かって核の廃絶を訴え続けてきた。
その活動は全くぶれていない。
アメリカの大学で数学の先生をしているときに、アメリカ人のあまりの無知に怒り、アメリカのメディアの関係者を広島に呼ぶという「アキバプロジェクト」を始めた。大した行動力だ。
広島市長になって、世界の都市の市長に呼びかけ、ともに核廃絶のために活動をすべく働きかけてきた。
「都市は、核を持たない。核を持つのは国だ。
都市は一方的に被害者になるだけだ。
だからこそ都市が手を携え、核廃絶を訴えなければならない。
それが平和への道だ」
という思いが秋葉市長にはあるようだ。

核廃絶に向かって、世界平和市長会議と秋葉市長の果たす意味とその可能性は大きい。

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

« 城山三郎の「自衛隊論」 | トップページ | 水と空気はただ? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211008/16784100

この記事へのトラックバック一覧です: 核のない未来賞:

« 城山三郎の「自衛隊論」 | トップページ | 水と空気はただ? »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30