広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« 映画「新・あつい壁」 | トップページ | 大きな樹 »

2007年9月24日 (月)

歩道

デオデオの横、南北に走る大手町通りに新しく歩道が整備された。
この大手町通りに造られた歩道は、いままで目にしたことがない造りである。
歩道と車道との間に、かすかな勾配をもったコンクリートパネルが置かれ、車道と歩道とを仕切っている。
新しい歩道は、わずかに車道より高いだけだ。
なかなか快適で、美しい。

通常歩道は、車道から一段高く作られ、約20cm程度の段差があり、車が建物に入る部分だけ削られ、低くなっている。
新しく建物が作られ、車が建物に入るようになると、その都度必要な部分の縁石を低くする工事がされる。
邪魔な工事だし、勿体ないことだと常々感じていた。
波打つ歩道は、美しくなかった。
こうした20cmほどの段差は、安全上必要なことだと考えられてきたのだろう。
ここでは車はそれほど早くは走らない。
車の平均速度が15km/hr程度であれば、これできちんと車道とは仕切られ、安全は確保できるだろうと思う。
これなら自転車も歩道と車道を使い分け、上手く走れるだろうと思う。
しかしだからといって、どこでもこうしたら良いとはいえないだろう。
車の平均速度が40km/hrを越えるようであれば、歩道と車道との間の20cmの段差は必要なのだろうし、場所によっては、車道と歩道を分離するに安全策も必要になるということなのだろう。

Hodo

敢えて注文をつければ、こうした道路に残っている電信柱も早急に地下埋設してほしい。
歩き易い歩道というだけでなく、歩くことが楽しくなるだろう。
歩いて暮らせる街を作ることが、これからのまちつくりの基本的なテーマだ。
そんな街には、電信柱はないほうがいい。

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

« 映画「新・あつい壁」 | トップページ | 大きな樹 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211008/16546611

この記事へのトラックバック一覧です: 歩道:

« 映画「新・あつい壁」 | トップページ | 大きな樹 »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30