広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« 安倍総理の無責任な辞任表明 | トップページ | 愛犬家のマナー »

2007年9月15日 (土)

市民球場の跡地利用「未来へのレシピ」前進へ

 新市民球場の工事が動き出すのに伴って現球場の跡地利用について秋葉市長が市の選考委員会が優秀作に選んだニ案を軸により具体的な検討を進める考えを改めて示した。
 
 公募の期間中に実現性のある案を提示しないで、後からとやかく注文をつける経済界や商店街はフェアでない・・・と言う秋葉市長の発言はもっともだと思う。

 そもそも、市民球場の用地は広島市のものではない。国有地である。従って、再利用するにもかなり厳しい規制がある。都市計画公園であることで、公園に必要とされる施設以外の建設や利用はできない。まして民間による建設・利用となると更に難しい。
 ここは特に世界遺産である原爆ドームに隣接している為、バッファーゾーンの変更、特に新しい構築物の建設は一層難しい規制を受ける。新たに、市の景観条例で高さ20メートルの制限も加わった。木造建築や木造建築の集落をつくることや広告看板などの設置も厳しい指導を受ける地域になっている。

 1年余り前、商工会議所が市に「商店街が疲弊しないように賑わい機能を意識した利用」の要望書を出した。また、いま絞り込まれたニ案に対し「年間150万人の集客が望めない」との批判の声を上げているとの報道に接して思う。

 商工会議所や商店街は(建設募金を除いて)市の企画や計画に具体的にどんな協力をしたのだろうか。加えてカープの年間地元試合の大半のナイター終了時間に本通りはシャッター街で、1軒の商店も開いてはいない現実をどう捉えれば良いのだろうか。

 全く別の要件で言えば今や、お洒落な街の商店街の必要条件になっている椅子やベンチの一つもない商店街は珍しいくらいだ。市民サービスに無関心で創意工夫のない商店街なのだろうか。本通り裏筋の商店のいろいろ工夫を凝らした取り組みが目を引いているのに比べ街の疲弊の責任を行政に求めているとすればお門違いではなかろうか。

 新市民球場が貨物ヤード跡地に移り、多少の賑わいが移るとしても本通り商店街がこれで疲弊することは考えられない。夜遅くまで開店しているお店が多いい広島の玄関・駅周辺がさらに活性化し、流れ川・薬研掘りに賑わいが流れて広島市全体的に反映する可能性は大きいと考えられる。

 市長が3選を前に示したマニフェストに「万人の夢」を目指す<未来へのレシピ>がある。
これらを取り込んだより充実した「150万人誘致の実現」計画の実行を期待したい。

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

« 安倍総理の無責任な辞任表明 | トップページ | 愛犬家のマナー »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211008/16445678

この記事へのトラックバック一覧です: 市民球場の跡地利用「未来へのレシピ」前進へ:

« 安倍総理の無責任な辞任表明 | トップページ | 愛犬家のマナー »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30