広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« 安倍の、8・6式典への出席拒否 | トップページ | まもなく8月6日 »

2007年8月 4日 (土)

「公正」に律儀な選挙番組

「この数字は何?捨てていいの?」 家内が、「9」とか「20」とか書かれた
メモ用紙を手にしている。「なんだこれ!」一瞬戸惑った末に思い出した。

はや旧聞に属するが、参議院選挙公示日、NHKで放送された「各党首に聞く」という番組についてのメモだった。
 自民が20分、民主12分、公明9分、共産6分、社民5分、国民新党4分
新党日本3分という放送時間の配分を示した数字で、丹念に時計ではかって記したことを思い出した。多少の秒数の誤差はあったにしても各政党の勢力から割り出した数字の「公正」さには、恐れ入った。

 番組の印象は、持ち時間からして安部総理の「独り舞台」というもので、
しかも事前に質問項目を提出してあるはずだから、周到に準備された優等生の「答え」をたっぷり聞かされたという感じで、最後の新党日本の田中党首にいたってはつけたしの3分、気の毒でさえあった。

 さらに疑問に思ったのは、重要な焦点のひとつである「憲法問題」について、共・社は、自主的に触れたが、進行のアナウンサーがどの党に対してもひとことも質問を発しなかったことだ。
この番組を制作するに当たっては、相当のブレインとスタッフが内容を練りに練ったはず、その結果「憲法問題」をさけたのなら、その意味を知りたい。

「公正な時間配分」と「体裁」に終始した番組は、見栄えだけに気を配った
味も素っ気もない料理を食わされたような不快感だけが残った。

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

« 安倍の、8・6式典への出席拒否 | トップページ | まもなく8月6日 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211008/15999585

この記事へのトラックバック一覧です: 「公正」に律儀な選挙番組:

« 安倍の、8・6式典への出席拒否 | トップページ | まもなく8月6日 »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30