広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« 小さな祈りの影絵展 | トップページ | 「公正」に律儀な選挙番組 »

2007年8月 3日 (金)

安倍の、8・6式典への出席拒否

 ここ近年、憶えたことがない怒りに胃の腑が上下しました。2日付、朝日新聞の
「首相、被爆者会合欠席へ」という記事です。02年の小泉以来、6年続いて
欠席。「女は子を産む機械」発言の柳沢厚労相が代理出席するということです。
 秋葉市長は、「生き証人に言葉も交わさないのか」と失望し、坪井被団協理事長も「逃げるのか」と怒っています。

 安倍は、式典には出席すると言っています。その会場近くで行われる「被爆者の声を聞く会」に、なぜ出られないのでしょうか?1時間半か2時間程度のことがなぜできないのでしょうか。つまり、はなから出る気はないのす。
 ことがあれば国を相手取り、裁判沙汰して手をやかせる輩にあったところで
しょうがないという程度の認識しかないのでしょう。

 被爆者は、この世にあるまじき経験を余儀なくされました。以後60年余健康におびえながら生きてきました。そして、心と体に鞭打ち「ノーモアヒロシマ」を訴え続けてきました。老いて時間のない、その被爆者にたった1時間の誠意を割くことをも考えられないのでしょうか。「2020年までに、核廃絶のため共に手を携えましょう。それまでお元気で」といえないのでしょうか。

 自民党大敗の原因は、「国民の声に耳を傾けなかったから」ではなかったでしょうか。大敗から学ぼうとすることを見出せないとすれば、安倍は、歴史に残る愚相と断じざるを得ません。大敗の今、彼と自民党がなすべきことは、「生活」や「教育」や「未来」や「平和」や「清潔な政治」について、総力を挙げて点検し、国民の意思をくみ取ろうとする努力でしょう。そうすれば、おのずと「被爆者」に会おうとなる筈ではありませんか。

 いま、多くの被爆者の仲間の顔が浮かびます。とりわけ、この酷暑の中語り部をしている老韓国人婦人の顔を思い浮べる時、説明のできない申し訳なさと腹立たしさが体を突き上げます。

式典に、神妙な顔をして官僚が書いた挨拶を読むために訪れるなら、「来るな」
といいたい。もし「被爆者」の声を聞くことを拒否するなら、心ある市民が集まって「帰れ!」のシュプレヒコールでデモ行進しませんか。

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

« 小さな祈りの影絵展 | トップページ | 「公正」に律儀な選挙番組 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

今朝の新聞では安倍総理は被爆者と面会するらしいので、一件落着ですが、「官僚の作文を読むだけなら来るな」という気持ちはとてもよく分かります。

以前、子供が通っていた学校の校長は運動会に挨拶だけしにくる政治家に「挨拶だけして肝心の子供達を観ないのであれば来なくて良い」と言っていらっしゃいました。その結果、政治家の挨拶はなくなりましたが、退屈な挨拶もなくなり、皆よろこんでいました。ただ、きちんと子供達を観に来る政治家がいなかったということは残念した。我々が選んだ代表ではあるのですが・・・

新聞報道では、自民党の議員が仲介でという話ですよね。つまり、広島市長や被爆者の要請は無視。被爆者との「面会」もお友だち人事と同じで、お友だちが中に入らないと会っても貰えない、ということでしょ。その自民党議員たちは次の選挙のための票稼ぎか、売名行為ではないのでしょうか。そんなことのために被爆者を利用するなんて、許せない!!!!

こんな怒りはどこにどう届ければよいのでしょうか。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211008/15988743

この記事へのトラックバック一覧です: 安倍の、8・6式典への出席拒否:

« 小さな祈りの影絵展 | トップページ | 「公正」に律儀な選挙番組 »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30