広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« 自転車の交通ルール教室 | トップページ | 広島ボートパーク »

2007年7月26日 (木)

障害者、公園を歩けば

 私は労災事故で右足が短くなった”にわか障害者”。ドライブを兼ねて各地の公園を”ハシゴ”し、歩行訓練のリハビリに励んでいる。
 私の団地は住民の高齢化が進み、子どもの数はめっきり減って、公園は閑散としている。そこに現れるのが、ゴルフの練習に励む退職者と思しき熟年男性。ヨセの稽古程度ならいいが、思いっきり遠くへ飛ばす姿も・・・・。松葉杖の私は、怖い怖い。「危ないことはやめてくださいヨ」と勇気を出して言うと、「人のおるところへ打ちゃあせんわい。お前や、何丁目の誰なら」と、にらみつけられる始末。ゴルフは「紳士の」スポーツと思っていたのですが・・・
 この公園、坂道を上るとお地蔵さんがいらっしゃる。「足を少しでも治してください」とお願いするのが日課。その坂道を降りているとき、綱を外してもらったデッカイ犬が勢いよく下から駆け上がる。怖い怖い。「綱は外さんといてくださいヨ」と訴えると飼い主の女性「優しい犬なんじゃけえ、大丈夫よね」と、美形の顔に似合わず、軽蔑の眼差し・・・。後味の悪いこと・・・。
 廿日市の峰高公園では違った。キャッチボールをしていた児童、私の姿を見ると
「歩きよってじゃけえ、いま投げんなヨ」と相手に声をかけてくれた。これだけのことが私にはまことに嬉しい。
 五日市中央公園でも、嬉しい発見があった。
 最近植えられた10本あまりのハナミズキに、プラスチックのパネルがくくられている。それに児童がメッセージを書いている。
 「平和があって自然いっぱいの国にしよう」、「かくへいきで何万もなくなります。かくへいきをなくしていこう」、「平和な国にして緑をふやそう」、「戦争のない平和なくらしを作ろう」、「緑と命をいつまでも」・・・・。こんな純真な子どもの願いが、虹や樹木、花などの挿絵とともに描かれてあった。「広島市立五日市中央小学校4年生一同、2001年子どもの森創設事業」という説明がしてあった。
 現役記者時代、必ず持ち歩いていた取材メモを、いまも私はズボンのポケットに入れている。
こんな嬉しいことに出会うと、メモして帰り日記に書いておく。ささやかな日々の充実感だ。

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

« 自転車の交通ルール教室 | トップページ | 広島ボートパーク »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

きすけさん。こんばんは。
この記事を読んで、「忖度」という言葉を思い出しました。
思いやり、相手の立場に立つ、思いをいたす。
いろんな言い方ができますが、自分の在り方を向こう側から見てみる心とでもいえばいいのでしょうか。
「いま投げんなヨ」の子供も、平和のメッセージを書く子供も、
心無い大人たちは、親の価値観のモノマネじゃと非難するのでしょうが、
こんなモノマネの子供たちを育てていかなければいけないのだなと思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211008/15903767

この記事へのトラックバック一覧です: 障害者、公園を歩けば:

« 自転車の交通ルール教室 | トップページ | 広島ボートパーク »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30