広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« “痛み“に優しい街つくり | トップページ | 中越沖地震から学ぶ »

2007年7月29日 (日)

名所広島百景?

―広島市景観100選(4)

歌川広重によって「名所江戸百景」が、江戸時代末期安政3年から5年にかけて、描かれた。
街の風物、ディテールが細かく描かれている。
芸術作品としての価値だけでなく、極めて貴重な歴史の記録ともなっている。

P1

当時の江戸の人口は、現在の広島市とほぼ同じ100万人位であったといわれている。
広島市でも、充分江戸時代にされたことと同じレベルのことが出来てよさそうである。
と思って改めて調べてみると、広島市にあっても、すでにそんな試みがされていた。

毎週中国新聞の毎週日曜日に、広島の街を描いたイラストが連載されている。
「BOOSKAのぷらぷら日記」である。
6月24日でもう42回になる。
描いているのは、BOOSKAさんというイラストレーターである。
私はてっきり外国人と思っていたが、ネットで調べたてみたら、「本名は本名兼田亮一。1960年尾道市因島生まれ。イラストレーター。京都精華大卒。広告制作会社勤務を経て開業。今春、東京から広島市内に拠点を移した。」とある。
ご本人の承諾はいただいていないが、イラストの宣伝をさせていただいているということに甘えて、BOOSKAさんのイラストを転載せさせていただいた。

P2

しかし、ネットでは広島市内を描いた絵が見つからなかったので、ここでは宮島の絵を使わせていただいた。
いずれ、時間がたてば、こうした作品も、広島市の誇る財産となることとも思う。
広島の景観も、広重の描いた江戸百景と同様、多様な形、視点で見られ、記録されることで、さらにその価値が高まるのだと思う。

このブログで募集している広島市景観100選の景観の全てを、いずれBOOSKA氏に、素敵な絵にしていただきたいとも思っている。

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

« “痛み“に優しい街つくり | トップページ | 中越沖地震から学ぶ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

はじめましてBOOSUKAと申します。
仕事の合間に、インターネットで遊んでいました。
何となく僕の名前を入れてみました。
偶然このブログを見ました。
読んでビックリ驚きました。
おほめのお言葉、ありがとうございます。
とっても嬉しかったです。
これからの励みになります。
広島市景観100選の景観のお話も嬉しく思いました。
これからも宜しくお願いします。
ありがとうございました。

イラストを無断で転載し、申し訳ありませんでした。
逆に喜んでいただけたようで、ホッとしています。
BOOSUKAさんの目からみての、広島景観100選を教えてください。
いずれ、広島景観100選をきちんと整理したいですね。
よろしくお願いいたします。

さっき新聞を見て、朝市のBoosukaさんのイラストを見て、感動を覚えました。
早速ネットで調べていたら、このブログをみつけ、同じように思っている方がいるんだなぁとうれしくなり、コメント書かせてもらいました。

けん様

コメント、ありがとうございました。
半年も以前に書いたブログにコメントをいただけるというのも、ブログの面白さですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211008/15928163

この記事へのトラックバック一覧です: 名所広島百景? :

« “痛み“に優しい街つくり | トップページ | 中越沖地震から学ぶ »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30