広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« 鯉城通りの横断歩道橋について | トップページ | 信念の人 »

2007年5月 9日 (水)

拝啓 ゲバルト・ローザ様

 昔、かれこれ40年近く前のことです。私がまだ駆け出しの頃、全国の大学で大学改革を掲げた学生たちが“暴れ回って”いた。広島でも広大が封鎖され学長と学生が「改革」を巡って団交を繰り返す日々があった。まだ、60年安保を経て間もなく学生気分が抜けきらない記者たちは、当時中国の文化大革命の旗印だった「造反有利」とばかり学生側にシフトした気分で、学内に野宿をしながら取材に走り回る者もいた。

 医学部でも大学本部と同様に青医連が中心になった闘争に警官隊が導入され、対立は長期化していた。そんな学生闘争の内に艶やかな一輪の花があることを当時の取材仲間は広く知っていた。フランス革命のジャンヌダルクよろしく常に闘争の前面に立つ学生を鼓舞する存在だった。
その名は“ゲバルト・ローザ“と呼ばれていた。

 若い医師の卵たちが何を掲げて闘ったか確かな記憶は無い。だが、凡その推測はできる。当時に比べ日本の医科学技術は飛躍的な進歩をしたのだろう。しかし、それを支える医師の志が満たされる状況は決して整ってはいないのだろう。多くの今日的問題が日々提起されている。

 広島の産婦人科医河野美代子さんが35年取組んできた医療現場をベースにした「いのちの教育」は高い評価を得て、彼女は休む暇なく講演と指導のため全国を走り回ってきた。此の間、何度となく選挙のたびに彼女の名前が取りざたされてきた。

 ここ8年は秋葉忠利広島市長を後援するいわゆる勝手連の会長を務め、3期目の選出を果たした直後、仲間内に自らが来る7月の参議院選挙に出馬する意思を表明した。

 自民と民主が指定席を巡って雌雄を決する参議院選挙に割って入る事は「玉砕」を覚悟の闘いになる可能性が強い。優柔不断な県知事がいつまでも居座れる状況に無い今、知事選を前提にして慎重に考えるべきだと主張した。知事を支持してきた連合が知事の引き下ろしに消極的だとしても、任期満了後の2年半先には支持を得られる可能性は高く“敵を味方に出来る”闘いを考えようと提案した。同席のほとんどの人が賛成した。
 
 いま、彼女を強く突き動かしているものは「憲法と命」。自民と民主の二人に期待はできない。止むに止まれない気持で決意したと考える。彼女が医者の卵として闘ったあの大学紛争時代の医学に対する純粋な気持を今も変わらず持ち続け、憲法と規制や法的不備が多い医療環境の改善に自分の経験を活かす時と考え決意されたに違いない。
 
 いま、学校を中心にGHQが纏めた憲法草案の下敷きとなった原案を書いた憲法学者の鈴木安蔵をえがいた映画「日本の青空」の上映協力の要請に出かけている。仏教徒の集会では信楽峻麿元龍谷大学学長の講和を聞き、話す機会があった。四方山な話の中で、信楽さんは本人を直接は知らないが教え子たちの働きかけで河野美代子さんの推薦人を引き受けられたと言われ、大変驚かされた。しかし、講和を聞いて納得した。

 この日の講和は「親鸞に学ぶ。宗教の政治への関わり方」がテーマ。多くの宗派や宗教者は権力になびいた。宗教者は政治に無関心であってはならない。念仏者としての主体性を守り確立するには親鸞のようにいつの時代でも、権力と向かい合い反権力の側に立つことが大切だと、戦争体験や宗派の改革運動を通して説かれた。信念の人だ。 

 ここ数日、友人数名から河野さんを応援したいと言う連絡をもらい会って話を聞いた。

 秋葉選挙で自民党支持者の多くが秋葉さんに投票した事実。選挙事務所に行けないけれど、遠巻きにして河野さんを支援したい人は多いと言う。共通しているのは後援会へ入るのでなく、電話や事務所は無くていい、メールリンクをはって支持の拡大をはかる勝手連創りである。特に中小零細企業の経営者らは将来に不安を抱えた人は多く、自民党に縛られてきた人たちにも支持をしてもらえるチャンスを創りたいと言う。
 
 社民党員の一人は支持を断られたのだから何も出来ないと言う。その姿勢が支持者を減し、党が弱体化してきた原因だと指摘して、勝手連的支持のため話し合いを迫った。

 政治音痴の家内でも自民党の大物が応援に来るほどに現職大臣を引き下ろせるチャンスが増え河野さんの支持は拡大できると考えている。

 連休をこんな話に費やし考え直した。河野さんがひたすら純粋に医師を目指した時代の気持に立ち返って決意された立候補の意志は大事にしなければいけないと思う。ゲバルト・ローザの純粋な闘争心の継続と信念の人として敬意を払いたい。チャンスがあるからではなくチャンスを創るために秋葉みこし連で学んだ経験を活かしたいと思うこの頃です。


« 鯉城通りの横断歩道橋について | トップページ | 信念の人 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

 先生の変わらぬ純粋な気持が「出馬決意」になったのだと強く感じました。女性が半分以上の票を持っています。「貴女は息子や孫を戦場に送りますか」を訴えて、眠っている平和ボケの人たちの目を覚めさせればきっと勝利の道が開けます。頑張ろう先生!!!

団塊の世代です。ゲバルトローザ、応援してます!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211008/15005638

この記事へのトラックバック一覧です: 拝啓 ゲバルト・ローザ様:

« 鯉城通りの横断歩道橋について | トップページ | 信念の人 »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30