広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

2019年12月12日 (木)

miss hoaのベトナム料理は美味い

 

久しぶりにベトナム料理のmiss hoa に入った。

パセーラ 7階 広いテラスに面してある。

 

ランチセットで一番安いフォーと春巻、890円、それにコーヒー。

決して高級料理のお店というわけではないが、美味い。

コーヒーはお代わり自由ということもあって、3杯くらいも飲んだだろうか、

気づけば、友人と2時間以上議論していた。

06c86a0b65804b29aa2f47251583c242

 

エスニック料理というのはそれぞれに特有のクセがあり、私はどうも好きになれないが、

ここのは美味い。

ベトナムはフランスの植民地であったこともあり、

フランス料理と中華料理の影響を受けているのか、美味い。

 

フォーとは原料は米粉の麺とのことらしいが、透明感があり、不思議な味がする。

 

店内も洒落ている。

テラスに面して、鉄格子がガラスドアと一体になったところが、メインゲートのようだ。

そのドアを開け、池の上置かれた石を跨いで店内に入る。

テーブルはオーナーがベトナムに発注したという大きな木のテーブルに木の椅子、

剥き出しの天井は黒く塗られ、黒く塗られた配管が走っている。

格好いい。

店内のあちこちにベトナムの高級そうな家具が装飾品として置かれている。

日本の提灯にちょっと似たオレンジ色の照明器具もいい。

 

私はベトナムには行ったことがないが、

この雰囲気、料理はベトナム現地のレストランより多分洒落ているだろうし、

料理も日本人の好みになっているのではないだろうか。

 

最近は、こうして日本で進化したベトナム料理の店が、海外に進出し、繁盛しているとも聴く。

 

面白い時代になったもんだ。

 

元安川

 

お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。
広島ブログ

 

 

 

 

 

 

 

2019年12月10日 (火)

若者の演劇

 

友人の夫人が出演しているという劇団の公演に招待された。

 

JR中野駅南口の広場の周りの高層ビル街を抜け、小さな公園に隣接して、全く窓のない高さ10mほどの、なんとも不思議なビルが建っている。

そんなビルに3つの小さな劇場が入っているのだという。

友人の夫人の出演する「PETRICHOR」は、地下の劇場、客席60席位の小さな劇場だ。

入り口には白い提灯が飾られていた。

Cf80f1e7caf242668d8d01bc673d2266

人口の減少が進む東北の海辺の町に海洋生物研究所ができ、都会から新たな住民が流入し、地元の人々との交流も生まれた。

そんな町が東日本大震災の津波に襲われ、父親、子供、家族、知人が亡くなった。

 

夏祭りの夜、真っ暗な海に浮かぶ光に誘われるかのように、

祖母が家族、知人に会うのだといって、海に向かってふらふらと歩き出す。

その姿に、能のあの世とこの世を行き来するような不思議な感覚に陥る。

 

この劇団は20代、30代の若者中心の劇団らしいが、

そこにまだ友人の夫人が客演として参加し、可愛らしい祖母役を演じていた。

 

その祖母役を演ずるのが妻木尚美氏だ。

 

若者たちが懸命に演ずる演劇には、

三谷幸喜等の洗練された演劇とはまた違った、エネルギーに満ちた、逞しい世界があることを教えてくれた。

 

元安川

 

お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。
広島ブログ

 

 

2019年12月 8日 (日)

自転車の対人賠償保険の義務化と戦争保険

 

東京都では来年4月から、

「自転車利用中の対人賠償事故に備える保険等への加入が義務となります」とのことだ。

 

 

もう10年くらい前だろうか、

大手の損害賠償保険の会社に「自転車事故を対象とした保険をやったらどうか」と勧めたことがある。

「当社でも検討したことがありますが、ビジネスにならないとの理由で実現しませんでした」

といわれてしまった。

当時は自転車の保険をする会社は1社もなかった。

それを今度は「義務化」するとまでいうのだ。

ちょっと驚く。

 

以前このブログにも書いたことがあるが、

私自身、数年前、日が暮れて周りが見えなくなった頃、横断歩道を渡ろうとして、ロードサクイクルに後ろからぶつけられ、気を失い、救急車で病院に搬送されたことがある。

 

その時は、彼が自転車保険にも入っていたので、費用は全額、保険で補償されたが、

その時に改めて自転車保険の必要性を思い知らされた。

それでもまだ営業補償とか、脳への影響補償とか直接計算しにくいことは補償されていなかった。

 

各地で最近盛んになってきたレンタサイクルには、改めて保険料という欄はないが、多分保険はつけられているのだろう。

 

自転車も数十万円もする自転車はざらにある。

今では自転車の盗難保険もあるようだし、

事故保険もある時代になったとのだ。

 

病気がちの友人が新居を建てたさいには、

その建築費用のローンに見合った額を、同時に生命保険としてつけさせられたといっていた。

 

「損したときの保険」とよくいうが、

保険はなんとも不思議な制度だ。

 

戦争被害について保険はどうなっているのか調べてみれば、

船舶に限っての船舶戦争保険というのがあるらしいが、

一般的な保険では、戦争被害については免責事項になっているらしい。

 

戦争保険は保険会社としては儲からないということなのだろう。

戦争なんて、どうあっても損するということなのだろう。

 

元安川

 

お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。
広島ブログ

 

 

 

 

2019年12月 6日 (金)

組み立て式温室

 

冬が近づいてきた。

全国各地での今年の初雪は、地球温暖化の影響でか、例年に比べ10日ほど遅いというが、

それでも12月ともなるとかなり寒くなった。

 

サンルームを部屋にリフォームしてしまったので、

サンルームに入れていた胡蝶蘭、アロエ・・・

の植物をどうするか、困っていた。

外に出しっ放しにするわけにもいかないと、

妻がAmazonで「組立式簡易温室 グリーンキーパー ドーム型」を買った。

Fabd1591c0934387855982f89c8a5c32

 

部品の数は細い鉄パイプ9本と接続具4つとビニールカバーの3種類、

極めてシンプルだ。

組み立ても簡単だ。

よく考えられている。

 

Amazonで2,428円だが、

100円というわけにはいかないだろうが、

500円ショップ?なら売っていそうだ。

 

ちょっと風が強いと飛ばされるような気もするが、

問題はこれでシンビジューム等がうまく冬を越せるかだ。

 

元安川

 

お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。
広島ブログ

 

2019年12月 4日 (水)

エジソンの発明した電球のヒラメンをLEDに変えた電球

いっときスタバにばかり行っていたが、

最近はオーナーのこだわりのあるカフェでオーナーとお喋りするのもいいかと、

カウンターの客席が席くらいしかないカフェに最近凝っている。

カウンターの上の照明器具は裸電球だが、それがなかなか格好いい。

電球を発明したのはエジソン、として有名だが、

その電球のヒラメンをLEDに変えたという照明器具を使っている。

調光もできるのだという。

127f0b3fc9d14162a323aef695f1eb18

 

照明器具は明かり本体と傘がセットで売られるのが普通だが、どれも価格はかなり高い。

現在使っている照明器具はかなり汚れてきたので、変えようと思って色々探していたが、

いいと思うと高くてなかなか手が出なかった。

 

エジソンの発明したという電球の形はいろいろあるようだが、

このまん丸のデザインの電球は美しい。

Amazonで検索すれば「BESLAM LED電球 フィラメント エジソンランプ 口金直径26mm 4.5W 白熱電球40W形相当 電球色(2200K) 調光器対応 」とある。

 

白熱電球40w相当というが、3つ付ければそこそこ明るいだろう。

 

「電球の原点に戻っての照明器具」

というのもいいはずだと注文しようかな。

と1人悦にいっている。

 

元安川

 

お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。
広島ブログ

 

2019年12月 2日 (月)

ビックカメラの試飲コーナー

 

ビックカメラの店内を歩いていたら「試飲コーナー」と書かれた看板の下に、

カウンターを囲み、ハイチェアーが10個ほど並んでいた。

カウンターの頭上には日本酒、ウイスキー、ワイン・・・が並んでいる。

ベラボーに高そうな酒、美しい瓶等の酒が並んでいる。

100円、300円、700円と書かれたラベルがついている。

370e55a51fb84091b318bf9aa6acf835

 

エーッ、

ビックカメラにお酒が飲めるの?

とちょっとビックリした。

 

物は試しと座って、赤黒島 30ml 100円、25度をストレートで飲んでみた。

昼間の酒は妙に美味い。

1人3杯、30分までとのことだ。

 

ネットで検索すれば、「ビックカメラでもお酒を売ってます」

との宣伝なので、原価で売ってるとのことだ」。

 

見渡せばお店の中に日本酒、ウイスキー・・・の各種お酒の瓶が並んでいる。

つまみも売っている。

それを買ってここで飲んでもいいらしい。

 

こりゃ流行りそうだ。

 

全国のビックカメラで進めているることのことだ。

 

家電量販店が百貨店化しているとは感じていたが、

こうして居酒屋化しているとまでとは思わなかった。

 

カメラ屋さんが、ここまで変化していることにも驚く。

 

元安川

 

お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。
広島ブログ

 

2019年11月30日 (土)

スニーカーでの通勤は格好いい!

 

随分前の話になるが、ニューヨークではスニーカーで通勤する人がいると新聞に出ていたのをみて、びっくりしたことがある。

 

最近は黒のスーツを着て、リュックサックを背負っての通勤も当たり前になってきたが、

最近スニーカーを履いての通勤も見慣れた風景になってきた。

0f3046c0e2d84d23ac78c32cc591f0c2

 

クールビズともいって、丹羽首相が半袖のスーツで正式な会議等に出席したりしていたが、

どこかおかしかった。

 

それが夏でもノーネクタイになり、スニーカーでリュックサックとなると、

若々しくもあり、格好いいとすら思えるようになった。

女性は殆どがスニーカーだ。

 

メーカーもナイキ、ニューバランス、オニツカ・・・とあり、

色も黒、白、赤・・・

形、材質も多種多様だ。

 

スニーカー通勤のマナーなんてことが雑誌に特集されていたりする。

https://toyokeizai.net/articles/-/296855

 

その昔は履いている靴に、貧富の差がはっきりと現れていたが、

今は誰でもが新しいスニーカー、革靴を履いていて、そのお金持ちかどうかは殆どわからなくなった。

 

100兆円の売り上げを誇る企業の社長が、Tシャツを着て、ステージに上がり、スピーチすることが格好いい時代になったのだ。

ZOZOの前沢元社長のように大学に進学しなかったような人があっという間に数百億円を手にする時代になったのだ。

 

いい時代になったもんだ。

 

元安川

 

お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。
広島ブログ

 

2019年11月28日 (木)

庭のみかん

 

もう大分前から、庭のみかんが黄色く色づいてきていた。

全てのみかんがほぼ全体に黄色くなってきた。

みかんの木は高さがまだ1m程度ということもあって、実も10個くらいしかなっていないが、

緑の葉の中の黄色いみかんの実はなんとも美しい。

7c6ea6d3021d490f96cb190101d89d5b

 

もういいかなと取って、食べてみた。

美味い!!

 

スーパーで買ってきたみかんより、味が濃く、美味い。

スーパーのみかんは色がまだ青いうちに採って、出荷することもあると聞いたことがある。

 

我が家の庭には甘柿の木もあるが、実が熟すのを待っていたら、熟した時には鳥にみな食べられてしまった。

鳥は甘くなったかどうかを、どうやって知るのか不思議だ。

 

みかんは甘いと言っても酸っぱさが残っているから、鳥は食べないのだろうか。

 

本家の庭には梅、かりん、ぐみの木もあった。

 

本家は両親が亡くなったとき売却してしまったが、

建物や家の中より、両親が毎日手入れをしていた庭の木の方の思い出が強く残っている。

可笑しい。

 

元安川

 

お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。
広島ブログ

 

 

 

2019年11月26日 (火)

サトウキビで作った駅弁の入れ物

久しぶりに東京駅発の新幹線に乗った。

予約したEXカードとSuicaを改札口でかざしたが、赤ランプがついて通れない。

そういえばSuicaはスマホにインストールしたので、

Suicaのカードそのものは無効になっていたのだ。

駅員さんにその旨伝えたら、スイと通れたが、

当分毎回駅員さんに頼まないといけないようだ。

 

システムはどんどん変わる。

便利になったというより、苦労がそのたびに増える。

 

新幹線改札口を通る前に、駅弁屋祭で「峠の釜めしエコ」を買った。

容器はあの懐かしい茶色と白の2トンカラーの焼き物でなく、白い紙の容器だ。

9dd3ca60d39f41028e3c34b932fbcad1

新幹線に乗ってから見れば、

G マークのGOOD DESIGN 受賞と書かれている。

「益子焼の容器は重いとの指摘を受け・・・

サトウキビの搾かすを使用しました」と書かれている。

濡れない紙を開発し、駅弁の箱にしたというわけだ。

 

プラスチックを減らそうという意図はわかるが、

あの古臭い益子焼の容器はなんともいえない風情があった。

しかしこのエコと称する容器では、

何か旅の面白みが消えてしまった感じがある。

「峠の釜めし」として一世を風靡したデザインを変えることは、なかなか難しいもんだ。

 

元安川

 

お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。
広島ブログ

 

2019年11月24日 (日)

三角形による椅子

東京駅の南口改札口付近から中央口付近に至る間の構内に白いスティールの椅子が置かれている。

三角形を繋いだ形で椅子が構成されているデザインはなんとも美しい。

分厚いステンレスの板から作り出されたのだろうか。

三角形は構造的には最も強いといわれ、トラス構造の橋としてよく使われているが、

椅子のデザインに、ここまで徹底して使われているのは初めて見た。

座り心地は意外といい。

ご丁寧に3つ並べて置かれているのは可笑しい。

 

脚も3本にすればいいのにと思ったが、

デンマーク製のアリンコチェアーは、当初も3本脚だったが、

安定感はなく、今では4本になっている。

何か工夫はできないものかな。

A51ed2dfe512413e82fbceb32a3b50c6

 

椅子のデザインは、コルビジェとか、サーリネンのデザインした椅子とか建築家がデザインした有名な椅子があるが、芸大の建築科では1年生の課題としてデザインから製作までの作業を課題にしていると聞いたことがある。

ネット調べてみると、この課題はそれこそ建築科創立以来延々として続けられているらしい。

http://arch.geidai.ac.jp/Exhibition-Report-1-w

毎年かどうか知らないが作品の展覧会までされているようだ。

その趣旨がまた面白い。

「課題趣旨:「サブカルチェアw」は、サブカルチャーとチェアの合成語であり、最後につけられた「w」は「(笑)」という表現記号でありつつ「ダブル(二重)」という意味も含みます。
家具デザインのメインストリームとは異なる手法/目的/機能を提案します・・

さらにもうひとひねり加えることで「w(笑い/ダブル)」という段階までデザインを発展させることを目指します」

とあるが、もう椅子とはいえない楽しい、面白い椅子がつくられている。

頭の体操に良さそうだ。

今度見に行ってみよう。

 

元安川

 

お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。
広島ブログ

 

«彦根城の近くの古民家を改装した旅館に泊まった。

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31